台湾2000元

台湾在住の日本人主婦(夫は台湾人)が書く、台湾生活・台湾国内旅行・台湾育児情報のブログ。0歳4ヶ月から現在まで台湾で子どもと泊まったホテル、一時帰国での日本との往復についても書いています。

台湾に行く前に絶対読んで!人気のユアンソープ、おすすめの買い方

あとで読む

【2018.10.17】台北松山空港の免税店について追記しました。

だーげーほーです。

以前にシャンプーの記事でも書いたのですが、台湾は健康意識の高い人が多く、ナチュラル系コスメが結構充実していたりします。

www.2000twd.com

 

メイドイン台湾のナチュラル系スキンケアコスメの代表的ブランドで、私が一番最初に買ったのはユアンソープ(阿原肥皂)なのですが、私よりも70代の母がいたく気に入り、日本でも自分用に買ったり贈り物として使っていて、私の一時帰国時にはよくお土産に頼まれるものの一つです。

厳選された台湾産ハーブを使った丁寧な製法で、天然ハーブの香りに癒されるし、洗顔にも体にも使えて洗い上がりはしっとりツルツルで、価格に見合うだけの働きをしてくれます。

 

今回は私が今までに買ったユアンソープの中でおすすめの商品、おすすめの買い方と、買う時の注意点などを書いてみようと思います。

 

 

ユアンソープの台湾での価格

ユアンソープの価格は基本の四角い石鹸で250〜350元(2018年8月現在。1元=3.58円として約895〜1,250円)です。

日本で買うと1,404円〜1,728円(税込)で、今は円安なので台湾で買っても価格のメリットはあまり感じられないかもしれませんが、日本未発売商品もあるので、台湾で買う価値はあると思います。

ユアン石けんの台湾での価格はこちらからチェックできます。

阿原 肥皂

なお公式通販サイトには掲載されていませんが、2018年8月現在、台湾では新製品として115g増量版の石鹸も発売されていました。箱入りでギフトにもいいし、通常の100gよりお得なのでおすすめです。

f:id:dageho:20180815235450j:plain

 

まずは日本でじっくりお試し購入!

台湾で買う場合、その場で店員さんに色々相談しながら買うのも楽しいですが、限られた旅先の時間を有効に使うためにも、あるいは後から「あれも買えばよかった!」ということにならないためにも、あらかじめ買う商品の目星をつけてから行くことをおすすめします。

 

ユアンソープにお試しサイズがあるのを知っていますか?

日本のネット通販では台湾では売っていない固形石鹸のお試しミニサイズの購入ができます。ミニサイズとはいえ15gあるので、顔だけ洗っても2週間は持つと思います。

 

お試しサイズは3種セット20種類から1つ選べるものがあり、3種セットは売れ筋の組み合わせかつ送料無料でよりお得になっています。お一人様一回限りなので、初めて買う場合はまずはこちらを購入するのがおすすめです。

セットの種類は頻繁に変わるので、実際のセット内容は各通販サイトでご確認ください。

 

ちなみに私の場合、3種お試しセットでなければさっぱり系のハイビスカスは絶対買っていなかったので、思いがけずいい出会いができました。今まで使ったことのない種類のものも気軽に試せるので、リピーターの方にもオススメです。

3種セットにない種類のものも単品で買うことができます。こちらも送料無料。期限付き楽天ポイントの消費にもおすすめです!

 

ユアンソープの選び方

たくさんの種類があって迷ってしまいますが、販売ページには各々のソープの特性(肌質・効能・用途など)が書いてあります。

私も説明文を目安に色々買ってみましたが、自分の肌には向いてなさそうに感じても実際使ってみるととてもよかったものもあった(その逆もあり)ので、香りや原料ハーブの好みで選んだり、とりあえず気になったものから試してみるのがいいと思います。

 

私個人の経験で言うと、

ハイビスカス/白月/月桃/水潤

は比較的保湿力も高くとてもよかったのですが、

ハトムギリョクトウ/金英/四神/ヨモギ/苦瓜

は期待したほどの効果を感じられませんでした。

 

ハイビスカスはさっぱり系とのことですが、超乾燥肌の私でもしっとり潤っていい感じでした。逆に人気のハトムギリョクトウ・四神・ヨモギは、私の肌には可もなく不可もなくといった感じでした。

化粧品なので相性は人それぞれだと思いますが、こういう例もあったということで。

 

私のおすすめユアンソープ

というわけで、あくまで人それぞれですが、私の一押しはさっぱり系なのに乾燥肌でも使える、つまり万人向けと言えるハイビスカスです。

ハイビスカスは台湾では洛神花という名前で、ビタミンCを豊富に含み、台湾ではドライフルーツやハーブティーとしてよく使われる植物の一つです。

ユアンソープの中でも常に人気上位に入っていて、見た目もかわいいし、使ってすぐに効果を感じられました。

 

もう一つも乾燥肌・普通肌・トラブル肌向けと、比較的誰でも使いやすい白月です。

アボカド油・ごま油配合とのことで、しっとり感はもちろんですが、メーカーの説明にある透明感に加えて、個人的には美白効果も感じられました。美白効果のある化粧品はどうしても保湿力が足りなくなりがちなので、乾燥肌の方には特におすすめです。

 

私自身は上記二つほどは効果を感じませんでしたが、お土産用にたくさん買った人から聞いた話では、最近はヨモギ四神が人気なようです。ヨモギは日本人にも馴染みがあるので、初めて使う人にも受け入れやすいのかもしれません。台湾のショップの店頭でも目立つ所にたくさん置いてありました。

 

台湾で買うならここがおすすめ!

日本でお試しサイズを使ってみて、気に入ったものがあれば種類をメモしていくと買う時に楽です。

日本語と中国語では名称が違う場合もあるので(例:日本語「白月」→中国語「月白」)、中国語版の名称はネット通販のページでパッケージをチェックしていくことをおすすめします。

f:id:dageho:20180823040248j:plain

 

ショッピングセンター・デパート内店舗

台湾ではショッピングセンターやデパートなどに店舗があります。

阿原 直営店リスト

私の行った中では、台北駅の1階にある微風車站店に日本語の上手な方がいらっしゃいました。

 

ユアンソープを扱っている空港内免税店

桃園空港第一ターミナル出発ロビー3階北側に直営店がありますが、こちらは免税店ではありません。

免税で私が見かけたことがあるのは直営店ではなく、桃園空港と高雄空港の出国後の免税エリア内にあるドラッグストアで、すべての商品ではありませんが石鹸はセット商品を含めほぼ全種類置いてありました。

桃園空港は近年混雑がひどく、出国審査に時間がかかるので、免税店に行く場合は時間に余裕を見ておいた方がいいでしょう。

 

台北松山空港は、出国審査後に免税店が並んでいるエリアの真ん中あたりにある「台灣設計師文創専區」というお土産屋さんで扱っています(2018年10月現在)。

石鹸はそれなりに揃っていそうでしたが、アイテムによっては種類が少ないものもあったので、どうしても欲しいものは免税店以外で入手した方がいいかもしれません。

 

免税店より直営店で買ったほうがいい場合もある

普通に考えると免税店で買う方が楽でお得に思えますが、直営店の方から聞いた話では

・免税額はたったの5%

・直営店舗の方が作りたての商品が並ぶ

とのことで、少量であれば直営店での購入をおすすめしていました。

f:id:dageho:20180304153626j:plain

私は以前にデパート内のお店で消費期限が近づいているセール品を購入したことがあるのですが、香りや泡立ちに難があったので、ユアンの固形石鹸は鮮度がよいものを買った方がいいというのはその通りだと思います。

 

桃園空港なら回転が良さそうなのでそんなに古い商品は置いていないと思いますが、もし必ず手に入れたい場合は購入時に製造年月日を確認して、免税店でなくても買える時に買うのがおすすめです。

 

ユアンソープ固形せっけんの保存方法

最後に、ユアンソープはコールドプロセス製法で一つ一つ手作りされており、柔らかいので湿度で溶けやすくなっています。

現品(100g)サイズは包丁で1cm〜程度にカットして、使う分だけソープディッシュに置いて、残りはラップで包んで冷暗所で保存しておくのがおすすめです。

日本なら大丈夫だと思いますが、湿度の高い台湾の我が家の浴室では置いておくだけで溶けてしまったくらいなのでご注意ください。

 

↓ポストユアンソープの台湾オーガニックブランド、茶籽堂のアメニティーを使った台北の穴場ホテル。室内設備の質が良いのでお勧めです。

www.2000twd.com

 

↓台湾の美容関連記事です。

www.2000twd.com

www.2000twd.com

www.2000twd.com