台湾2000元

台湾在住の日本人主婦が書く、台湾生活・台湾国内旅行・台湾育児情報のブログ。0歳4ヶ月から現在まで台湾で子どもと泊まったホテル、一時帰国での日本との往復についても書いています。

台湾サラリーマンの平均月収と働き方について考える

あとで読む

当ブログは台湾で一泊2000元以下のホテル探しをメインコンテンツとして書き始めました。

その理由は一番最初の記事に書きました。

www.2000twd.com

手短に言うと「夫が出張で泊まるホテルの料金が会社の規定で一泊2000元までだから」です。一人一泊2000元の宿はいくらでもありますが、その出張に私と子供もついていくため、通常に比べてホテル探しのハードルが高くなっています。

 

広告

 

 

 

台湾サラリーマンの給料と金銭感覚

台湾人と結婚後数年を経て、台湾の地方都市に住み台湾の会社員の妻であり主婦である私の金銭感覚はすっかり変化しました。

 

日本人の感覚でいうと、一泊2000元(現在のレートで約7000円)のホテルは高いでしょうか、安いでしょうか?

例えば平均月収35万円のサラリーマン家庭だと、7000円は月収の2%にあたります。

 

2017年3月末のこちらの記事によると、台湾のサラリーマンの平均月収は

4万8790元(約18万円)で、

平均値のうち中央値は

4万612台湾元(約15万円)だそうです。

japan.cna.com.tw

2000元は月収の4.1〜4.9%にあたるので、日本の約2〜2.5倍です。単純比較はできないものの、2倍以上の差があるということです。

 

私の夫は元々倹約家かつ心身ともにタフな人で、仕事の都合上自腹で外泊する必要があった時にセブンイレブンのテーブル席で夜を過ごしたほどです。

いくらなんでもそれは体に良くないので話を聞いてみたところ、彼の中では一人で泊まるなら1000元台前半までなら出してもいいと思える額のようです。1000元以下、500〜600元ならなおよし。この時は周囲にその額で泊まれるホテルがなかったから諦めたと言っていました。

ここら辺の金銭感覚についてはこちらの記事でも触れています。

www.2000twd.com

 

台湾人と結婚した日本人女性のブログを読むと、高給取りや資産家の旦那様を持つ方も多く、都会で華やかな生活を送っている方もいるようですが、私のように普通のサラリーマンと結婚して地方で生活していると、平均的な台湾人家庭の感覚ってだいたいこんな感じじゃないかなと思います。

 

台湾人の月給は職種と地域によって差が大きい

台湾人のお給料の額は会社員であれば一般的に少ないですが、日本と同様に職種によって差があります。 

私の夫は台湾企業に勤めており、今でこそ給与額は賞与や手当などがついて平均的な額になりましたが、出会った頃は役職がなかったので新卒なみのお給料でした。

 

台湾の新卒者給与はもう20年間ほど月給22K(2万2000元、約81000円)と言われ続け、実際はもう少し多い会社が多いようですが、地域や規模による差も大きいのため、私の住んでいるような地方だともっと安いこともあります。

一方、エンジニアや専門職では100K(10万元)超えも珍しくありません。

なお、パートタイム(アルバイト)の最低時給は2017年現在133元と定められており、ここ数年じわじわと上がっています。

 

台湾人は海外で働くことに抵抗が少ない

台湾のサラリーマンは待遇の良さを求めて割とあっさり転職をする人が多く、雇用側は定着率の低さによるコスト負担、被雇用者はキャリアの蓄積が難しいのが問題となっています。

そのような状況もあり、独立意識が高く自分で事業を興す人がとても多く、日本に比べると起業のハードルはとても低いようです。

 

転職への抵抗が少ないため、条件が良ければ海外で働くことも視野に入れている人も多いです。2017年1月のこちらの記事によると、台湾人の会社員の8割が海外での転職を考えているとのことです。

japan.cna.com.tw

 

うち4割強が日本で働きたいとのことですが、日本の労働環境が過酷なのは台湾でも有名なので、日本に憧れているというよりは、距離が近く、情報が頻繁に入ってきて、日本文化に触れる機会が多く親しみが持てるという理由からではないかと思います。親戚がすでに日本にいるという人も多いです。

またよく言われるのは

  • 日本の給料は台湾の3倍
  • 家賃や物価は3倍はいかない
  • 日本で節約・貯金して、台湾でそのお金を使えば3倍の貯蓄をしたのと同じ

という話です。そのため、終身雇用の概念のない台湾人にとっては、日本での就職は永住というより出稼ぎの感覚に近いかもしれません。

 

海外で台湾人が最も多く働いているのは中国で、約42万人います。台湾の標準語は中国語(マンダリン)で、言葉の壁が少ないことから、職を求めて中国大陸に渡る台湾人が沢山いるのです。

各携帯キャリアのショップに行くと、中国と台湾の間での通話料金の優遇プランを用意していますが、それにはこのような理由もあるのでしょう。

japan.cna.com.tw

 

台湾での生活費、家賃の参考例

月収と働き方について書いたので、ついでに台湾での生活費についても軽く触れます。日本では台湾=台北というイメージを持つ方が多いですが、台湾への移住を考えている方にとっては、もしかしたら参考になる数字かもしれません。

 

台湾は物価が安いと思われがちですが、近年は物価上昇が激しく、生活費の中で日本に比べて特別安いものといえば、実のところは

  • ローカルフードの外食
  • 公共の交通費、手続料、医療費
  • 接客業のサービス費

くらいのものではないかなと思います。

円安の影響もあり、食料品・生活雑貨などは日本と変わらないか、日本より高いことも珍しくありません。

台北の土地相場価格など、体感ではとっくに東京を追い越しています。ただし賃貸物件は習慣の違いなどもあり、日本よりやや安く感じます。それでも月収の中で占める家賃の割合はかなり高いため、地価の上昇は賃貸族にとっても大きな悩みとなっています。

 f:id:dageho:20170530035530p:plain

台湾サラリーマンの月収は多くないですが、地方都市で一人暮らしなら最低1万元あれば生活できるとも言われます。ただし相当切り詰める必要があり、健康で文化的な生活が送れるかどうかは疑問です。

実際に私の近所に住んでいる大学生は、家賃を含めて一ヶ月1万元で生活しているそうです。ただし交際費や趣味に使うお金、遊ぶお金などは別途アルバイトで稼ぐと言っていたので、1万元は学生が台北以外で生きていくのに最低レベルの生活費と考えた方が良さそうです。

台北とその周辺は家賃も高いし、何かとお金のかかる街なので難しいと思います。台北で日本人が住むようなレベルの部屋は、家賃だけで最低1万元からと思った方がよいでしょう。

 

ちなみに台湾人の私の夫に言わせると、独身者が家賃に1万元も出すのはありえないとのこと。台湾、特に地方では、家は借りるものではなく(結婚して)買うものという考えなので、賃貸にお金をかけるくらいならその分貯金する傾向があるのだと思います。