台湾2000元

台湾在住の日本人主婦(夫は台湾人)が書く、台湾生活・台湾国内旅行・台湾育児情報のブログ。0歳4ヶ月から現在まで台湾で子どもと泊まったホテル、一時帰国での日本との往復についても書いています。

歩き回っても大丈夫、旅先での疲労回復グッズベスト3

あとで読む

だーげーほーです。

足腰は割と強い方なので、旅先ではアクティブに歩き回るのが好きです。夜になると脚が疲れて、熱を持ってパンパンに腫れてしまいます。

 

士林夜市のお気に入りのマッサージ店にて。

f:id:dageho:20170617233258j:plain

 

台湾旅行での疲労対策といえば足裏マッサージですね。以前は旅行中最低一回はマッサージに行っていたのですが、在住になるとそうしょっちゅうは行かなくなりました。

台北のど真ん中でハードに働いている友達はちょくちょく行ってるみたいですけど、主婦ですし。

 

台湾のマッサージ店は子連れでも行けるらしいのですが、私はまだ行ったことがないです。行きたいのですが、子供が小さいうちは自分たちのために取れる時間があまりなく、タイミング的にもなかなか難しくて。

託児サービス付きのスパなんかもあるので、そのうち行ってみようと思ってはいますが。

【台北】託児サービス付きの本格スパ:ICHI SPA(藝起親子SPA會館)

自分でできる疲労対策として、ホテルのバスルームに入浴剤を持っていってセルフマッサージしながらゆっくり浸かるのは昔からやっていましたが、小さな子供がいると以前のような長風呂もできなくなりました。

 

そんなわけで、以前から使っている時短疲労軽減アイテムが、子連れ旅行だとさらに効力を発揮するようになったので、今回まとめてご紹介しようと思います。

私は現在授乳中ですが、妊娠中の方でも使えるグッズがありますので、妊婦の方もぜひご覧ください。

 

 

日中着るだけ:アスリート用に開発された最強疲労防御ウェア・SKINS

数年前にSKINS A200というスポーツウェアを手に入れてから、かなりハードな旅でも疲れを残さなくなりました。

SKINSはアスリート用に開発された圧着ウェアで、テーピングのような効果があり、筋肉の動きをサポートするため、着ていると不思議なくらい体が軽くなります。

 

私はTシャツタイプのトップスとロングタイツを買いましたが、圧力が強すぎて脱ぎ着にちょっと手間がかかるので、ロングタイツだけ履くことが多いです。余裕があれば上下着れば、驚くほど疲れが残らない優れもの。

翌朝時間がなさそうな時などは、時短効果もあるので着たまま寝てもOK。

かなりタイトなので、着たまま寝たら苦しいかな?と思いきや、ひきしめ・サポート効果でむしろ快適なくらいなんです。

 

 

SKINSは旅行以外にも音楽フェスや登山の時に着ると特に効果を発揮します。

ですが、皮膚の弱い私は夏フェスの時にロングタイツで足首近くに接触性皮膚炎を起こしてしまったので、夏場は縫い目が肌に直接触れないように靴下などで防御することにしています。皮膚が敏感な方は注意が必要です。

他にも、妊産婦が使う場合の注意点として、着心地がかなりタイトなので妊娠中は着用できないと思います。そして授乳中は脱ぎ着が大変なので、ロングタイツのみの着用がいいと思います。

私は妊娠以降着ていませんでしたが、子どもの体重が増えるにつれ抱っこがきつくなりそうなので、そろそろ復活させようかなと思っています。結構いいお値段したので、このまま眠らせたくないですし。

 

履いて寝るだけ:長年の旅の必需品・夜用着圧ソックス(クールタイプ)

以前からSKINSと併用していましたが、SKINSより気軽に着られるので、特に妊娠・出産後はおやすみ用美脚ソックスのロング・クールタイプを愛用しています。

 

 

美脚ソックスという商品名ですが、元々この手の着圧ソックスは医療用に研究されたもので、第二の心臓と呼ばれる脚に圧力をかけて血流を促進することで、疲労を回復する効果を期待して開発されました。

私は着圧ソックス着用歴がかなり長く、長さや材質等、各メーカーのものを色々試したのですが、むくんで熱を持った脚には冬でもクールタイプがおすすめです。クールタイプと言っても、布団に入れば寒いということはないですし。

 

長さは、寝る時用は腿の上までカバーできるロングタイプが広い範囲をカバーできて、かつずり落ちてこないのでよいです。ショートタイプだと特に疲れを感じる膝周り〜膝上の引き締めがないので物足りず、買い換えました。

冬用のモコモコタイプや足指セパレートタイプのも持っていますが、お風呂上がりはいいのですが、履いて布団に入ると暑くなってしまう上にかさばるので、そちらは家で履く用。旅行の時はかさばらない薄手の夏用タイプが断然便利です。

 

 

私はスリムウォークメディキュット両方持っていますが、どちらも効果はそんなに変わらないと思います。メディキュットの方が価格高めな分やや丈夫な素材で、スリムウォークの方が安売りしていることが多いかも。

 

昼間は足先までカバーできて圧力の高い、昼用の着圧ソックスを履いておくとさらに脚の疲れを予防できます。よく歩く昼間はひざ下タイプのが断然履きやすいです。私がよく履くのはスリムウォーク 美脚ソックスです。

 

 

初めての台湾旅行の時、最終日に履いたらパツパツのパンプスにスッと足が入って感動したのを思い出しました。

飛行機に乗った時の足のむくみ対策にと思って最終日までとっておいたのですが、もっと早く履いていればよかったという話です。 

スリムウォークは男性用も発売されていて、ソックスタイプと足先のないサポータータイプがあります。夫にも買ってあげようかな。

 

 

着圧ソックスは出産で入院中や、産後の脚のむくみがひどい時にも履いていました。おやすみ用を履いていましたが、今思うと昼用の方が圧力が高くてよかったかも。 

立ち仕事でも脚がむくむし、デスクワークでも脚がむくむし、旅行中でも妊娠中でも脚がむくむので、着圧ソックスは一生手放せそうにありません。

 

寝る前に飲むだけ:これがないと子連れ旅行は無理レベル・キューピーコーワ ヒーリング

出産後、初めての子連れ旅行(当時子供は0歳4ヶ月)で台北に4泊して帰宅した時、今までに感じたことのないタイプの疲れを感じました。

抱っこ紐で6kg弱の子供を抱えながらなので、いつもより控えめに動いたつもりでしたが、半年以上ぶりの旅行で舞い上がって歩きすぎたのか、普段の運動不足がたたったのか、産後の体力回復が追いついていなかったのか、とにかくもう気絶レベルの疲労感

顔も洗わず、荷物も片付けず、そのまま気を失うように翌日まで倒れ込んで寝てしまいました。そしてこの後なんと一週間ろくに家事ができず、一時は病院で点滴でもしてもらおうかと思ったほど疲れを引きずってしまいました。

 

これじゃあ先が思いやられると思い、その後の一時帰国で購入したのがこちらのキューピーコーワ ヒーリングです。

効能・効果に「肉体疲労(中略)妊娠授乳期などの場合の栄養補給」と書いてあるのが一番の決め手でした。

 

キューピーコーワの公式サイトにはこのように書かれています。

- 特長1

休息する体に! おやすみ前にも服用できるノンカフェイン処方!

 

- 特長2

2種の生薬と6種のビタミンを同時配合! 残したくない疲れに。

 

- 特長3

1日1回で効く! 1回2錠、1日1回の服用で、体の疲れによく効くように出来ています。

キューピーコーワ ヒーリング

 

効能・効果

滋養強壮、虚弱体質、肉体疲労・病後の体力低下・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患・妊娠授乳期などの場合の栄養補給

キューピーコーワ ヒーリング

 

私個人の感想ですが、キューピーコーワ ヒーリングを飲むのと飲まないのでは翌日以降が相当違います。

なんと言っても名前がヒーリング。ドラクエやファイナルファンタジーで例えれば、ホイミとかケアルみたいな即回復じゃなくて、宿屋に泊まる方ですね。と言ってもRPGのようなHP全回復ではなくて、飲んで寝た翌日「そういえば思ったほど疲れてないな?」と感じるような、割と地味な効き方です。9割がた回復くらい。

 

この手のものは寝る前に飲むのがベストですが、加齢&妊娠でカフェインに対する感受性が高くなってしまい、寝る前に摂ると眠れなくなる恐れがあるのと、母乳や胎児への影響が気になったので、ノンカフェインの栄養剤というのはそれだけでもポイント高いです。

コンビニで買うと1回分95円+消費税だそうですが、私はコンビニで見つけられなかったのでAmazonで購入しました。KOWA Happiness Directさんから購入すると30回分で税・送料込み2300円なので、1回分が77円とだいぶお得になります。

30回分というと結構多く感じますが、育児中の疲労感って相当なものなので、沢山あると価格の点から言っても気兼ねなく飲めるのでおすすめです。 

個包装なので旅行に持って行くのも楽です。今回の旅行でも慌てて注文して(発送にちょっと時間がかかる)、日本から両親に持ってきてもらいました。

 

www.2000twd.com

  

私は基本的に1日おきに飲んで、特に疲れた日は連日で。夫は旅行から帰った翌日から仕事があるので毎日飲んでもらいました。

結果、5日間の旅行で長時間ドライブをしたにもかかわらず、仕事に響かなかったようでホッとしています。

 

というわけで、キューピーコーワ ヒーリングは旅行以外に産後や授乳中の女性にもおすすめですよ。

※妊娠中の方は他のサプリメントとの飲み合わせによるビタミン過剰摂取にご注意ください。

 

 ↓たまには休息・回復のための子連れ旅行もおすすめ。

www.2000twd.com

www.2000twd.com

www.2000twd.com