台湾2000元

台湾在住の主婦が書く、台湾生活・台湾旅行・子連れ旅行記・台湾育児情報のブログ。

赤ちゃんにおすすめ、台湾のカラフルなベビー用絵本

あとで読む

台湾のカルフールで購入したベビー用絵本が、思った以上に良品だったのでご紹介します。中国語と英語で書かれているので、バイリンガル(トリリンガル)教育の第一歩にもオススメかも!

 

カルフールで購入したベビー用絵本が我が子に大好評

先日高雄の家樂福(カルフール)に行ったとき、何気なく手に取った絵本に我が子が関心を示していたので買ってみました。

 

「BABY 123 顏色・形狀(ベビー 123 色・形)」というタイトルで、人類智庫出版集團という会社から出版されています。全24ページ。

数の数え方・色の名前・形の名前を、中国語と英語を併記した写真で示していくという構成です。

www.books.com.tw

 

余談ですが、台湾の中国語で赤ちゃんは「寶貝(バオベイ)」と言いますが、日常会話では老若男女を問わず英語で「ベイビー」と言うことが多いです。だからこのタイトルなのかな?と思ったり。

本の仕様ですが、ベビー用なので表紙の角が丸くなっていて、表表紙・裏表紙ともにクッションのような弾力があります。中の紙は1mmくらいの厚みがあり光沢コーティングされているので、少々かじられたくらいでは折れたり破れたりしません。

 

「BABY 123 顏色・形狀」はこんな本

本の内容ですが、まずは数の数え方から。

7枝冰淇淋 seven ice cream(7個のアイスクリーム)、8個甜甜圈 eight donuts(8個のドーナツ)……という風に、物の名前と写真・数字・数詞(数え方)が1から10まで中国語と英語で併記されています。

台湾ではアイスクリームは「枝」と数えるんですね。子供と一緒に、私の中国語の勉強にもなります。 

10個のうち半分が食べ物の写真というのがなんとも台湾らしいというか。

 

次は色の名前と写真。

紅色 Red(赤)は辣椒 chili・蘋果 apple・氣球 balloon・花 flower(唐辛子、りんご、風船、花)……というように同色の物が4つずつ掲載されています。

紫色 Purpleは茄子 eggplant・蝴蝶 butterfly・絨球帽 bobble hat・葡萄 grapes(ナス・ちょうちょ・ポンポン帽子・ぶどう)。このように全部で10種類の色の名前と英語名が載っています。

 

最後は形の名前。

形の名前と、類似した形の物が3つずつ並べられています。

圓形 Circle(円形)は時鐘 clock・球 ball・披薩 pizza(丸い時計・ボール・ピザ)。

橢圓形 Oval(楕円形)は盤子 plate・鏡子 mirror・蛋 egg(お皿・鏡・卵)。

最後の二つの形、菱形 Diamondと扇型 Sectorだけは1個ずつなのですが、菱形の方は春聯 spring coupletの写真が使われています。

春聯だけが唯一台湾ぽいモチーフで、あとは日本だったりアメリカっぽかったりで、日本人が見てもわかる写真ばかりです。

 

旅行にも持っていくお気に入りの絵本

 

ページの色づかいが鮮やかなのが赤ちゃんに受けるんでしょうか、他のおもちゃは飽きると投げたりすることもありますが、こちらの本はぱらぱらめくったりじっと見つめたり、たまになめたりかじったりもしますが、他のものに比べて大事にしている気がします。

文字が少ないので一緒に見ながら語りかけるのも簡単でいいですね。当然まだ漢字は読めないので、日本語に訳して「これは丸、これは時計だよ」などと教えています。

セール価格でたったの112元、とてもいい買い物をしました。

 

↓出版社のサイトから中身を確認できます。

www.humanbooks.com.tw

 

普段はこんな方法で本を買っています。

www.2000twd.com