台湾2000元

台湾在住の日本人主婦(夫は台湾人)が書く、台湾生活・台湾国内旅行・台湾育児情報のブログ。0歳4ヶ月から現在まで台湾で子どもと泊まったホテル、一時帰国での日本との往復についても書いています。

台湾子連れホテルの探し方 2(検索テクニック編)

あとで読む

前回の場所選び編に続き、今回は子連れホテル探しでの検索テクニックについて書こうと思います。

www.2000twd.com

 

 

自己手配旅行でのホテルの探し方にはコツがあります

子連れ台湾旅行を計画する時にホテルをネットで探そうとすると、泊まれるホテルがやけに少なかった経験ありませんか?

実は普通に検索するだけでは出てこない宿が沢山あるんです!

台湾のホテルを検索する際のサイト選びについては以前書きましたが、子連れで泊まるホテルの場合は探し方にプラスαの工夫が必要になります。

www.2000twd.com

 

今回は私が子連れで泊まるホテルを探す際に実践している検索方法をご紹介します。

f:id:dageho:20170526181506j:plain

 

まずは3大ホテル予約サイトで検索

台湾のホテルを探すなら、室内設備の詳細が掲載されているHotels.comBooking.com agodaの3つがおすすめです。掲載件数が多いので、このいずれかをチェックすれば高確率で希望のホテルが探せます。

 

子連れ宿泊の検索に必要なテクニック

検索窓に泊まる地域・日付・人数を入力する際に子供の人数を指定する欄がありますが、未就学児の場合はここは0人にします。

なぜかと言うと、ここで子供の人数を設定してしまうと極端に表示件数が減ってしまうからです。

 

台湾では子供が宿泊できないホテルは少数派で、家族旅行する人が多いため子供を含む宿泊に好意的なホテルが多いです。

子供の人数を指定すると検索に出てこないホテルは子供を受け入れないということではなく、設定を登録していないことがほとんどです。

試しに子どもの人数を0人で検索してみて、気になるホテルがあれば今度は子供の人数設定をして、検索結果がどう変わるか試してみてください。結果から消えてしまったら、この次に書いた「子供が宿泊する場合の条件」を確認してください。

 

同様に「ファミリー向け」などの検索オプションも、検索結果が多すぎる時以外指定する必要はありません。台湾は子連れで泊まれないホテルは滅多になく、子供NGの宿の場合はadult onlyや18歳以上など明記してあります。

 

とはいえ子連れで不便なホテル、明らかに泊まらない方がよいホテルもあるので、それについては後述します。

 

子供が宿泊する場合の条件を確認しよう

良さそうなホテルを見つけたら、詳細説明ページを確認します。

例えば私が初めて子連れで泊まった台北のビューティー ホテル シュアンメイ ブティック(宣美精品飯店)のスタンダードルームでは、検索では「大人2名」の条件でしか出てこなくても、実際は子供が宿泊する時の条件が設定されていることがわかります。

Hotels.comの子供の宿泊ポリシー

Hotels.comでの表示

 

Booking.comの子供の宿泊ポリシー

Booking.comでの表示

 

Agodaの子供の宿泊ポリシー

Agodaでの表示

このように各予約サイトによって、さらにPC版とモバイルやアプリでも書き方が異なっていたりして少しややこしいですが、実際には6歳以下の子供は無料で宿泊でき、ベビーベットも無料で借りられました。

不明な点があれば、agodaでは各ホテルページに問い合わせ機能が設置されているので「2歳の子供は一緒に泊まれますか?」のように聞いてみても良いでしょう。

 

子連れに向くタイプ、向かないタイプの宿

台湾の宿泊施設は主に

  • ホテル
  • サービスアパートメント
  • ホステル(ゲストハウス)
  • 民宿

の4タイプに分かれますが、タイプ別に解説します。

 

各タイプ共通・子連れ旅行で特に重視したい項目

台湾の宿は日本に比べると清掃の行き届いていないところが多いので、ホテル詳細ページのレビュー欄の「清潔度」が高いところを選びましょう。

高級ホテルでも普段使わない場所はホコリが積もっていたりするのは台湾ではよくあることなので大目に見るとしても、床や寝具の清潔度は大事です。

 

子連れ向け設備が充実したホテル

台湾に数あるホテルの中でも、最近は特に子連れ向け設備が充実したホテルが増えています。この手のホテルは「ファミリー向け」の検索オプションを使うと探しやすいでしょう。

例えば高雄には、部屋全体が子どもの遊具のようなホテルがあります。

クン シャン デザイン ホテルの宿泊体験記はこちらです。

www.2000twd.com

 

台南には子供用の大きなプレイグラウンドとプレイルームを備えたホテルもあります。

 

サービスアパートで気をつけたい点

私は初めての子連れ旅行(0歳4ヶ月)の時、洗濯機やキッチンのついているサービスアパートメントかホテルかで迷ったあげくホテルにしたのですが、泊まってから気づいたことがありました。

www.2000twd.com

 

多くのママさんがそうだと思うのですが、産後4ヶ月というと産後の抜け毛がピークで、何もしてなくても部屋中髪の毛だらけになるのです。サービスアパートメントだと毎日掃除が入らないところが結構あるので悲惨なことになっていたでしょう。
泊まっていたホテルでは、申し訳ない気持ちになりながらも毎日掃除してもらって大変助かりました。

サービスアパートメントの中には清掃用具を置いてあるところもあるようなので、余裕があれば自分で掃除するのもありだと思います。

 

ホステル(ゲストハウス)は小さい子供には不向き

ホステルやゲストハウスは赤ちゃんがいる場合は避けた方がよいでしょう。まさか泊まる人はいないと思いますが、ドミトリー(共同部屋)は言語道断。そもそも未就学児の宿泊は不可と書いてある事がほとんどです。

個室併設の宿もありますが、防音性は一般的なホテルより低いところが多いです。またシャワーやトイレが共用の場合も多いので、選択肢から外した方がよいでしょう。

 

ホテルに近い民宿は選択肢の一つ

台湾の民宿は、特に地方では一つ一つの部屋が独立していてホテルとあまり変わらないつくりの建物が多いです。

また4人以上で泊まれるファミリールームを設けているところも多く、比較的子連れに寛容なことが多いです。規模にもよりますが、サービス以外はホテルとあまり変わらないので、リゾート地などでは選択肢の一つとしておすすめです。

最近では部屋の中に滑り台がある親子民宿が流行っているようです。私も台南で泊まってみました。

www.2000twd.com

 

当ブログでは台湾で子連れで泊まったホテルについての記事を年齢ごとにまとめていますので、よかったらご参考になさってください。

▼台湾ホテル カテゴリーの記事一覧 - 台湾2000元

 

続きはこちら

www.2000twd.com