台湾2000元

台湾在住の日本人主婦(夫は台湾人)が書く、台湾生活・台湾国内旅行・台湾育児情報のブログ。0歳4ヶ月から現在まで台湾で子どもと泊まったホテル、一時帰国での日本との往復についても書いています。

台湾子連れホテルの探し方 1(場所選び編)

あとで読む

子ども(赤ちゃん)と一緒の台湾旅行では、大人だけの旅行とは違う、気にするべきポイントがいくつかあります。 

これから3回に分けて、私が実践している「台湾での子連れ旅に最適なホテルの探し方」について書きますので、よかったら参考にしてみてください。

 

 

行く場所の下調べはいつも以上に入念に

まずは旅の目的を設定します。多くの人は観光旅行だと思いますが、その中でもグルメだったり買い物だったり、何を優先事項とするかは人によって変わってくると思います。

 f:id:dageho:20170526184518j:plain

 

台北と言っても意外と広いのでエリアを絞る

例えば台北のような都市だったら、買い物や観光のエリアをあらかじめ決めておいて、そこにアクセスしやすい場所を旅の拠点とします。MRTを使う場合は乗り換えなしで行ける場所、バスだったらなるべく長時間乗らないで済む場所ですね。

何かあったらすぐに帰って、休憩や、荷物を置きに行ったり着替えをしたりの仕切り直しができるような拠点となる場所のホテルを選びます。

 

台北子連れ旅で宿泊先に選ばないエリア

上記条件で台北周辺だと、私は基本的には基隆河以北、淡水河以西はアクセスが悪いので選びません。大きな河川は周りに何もないため、思った以上に移動に不利になることが多いためです。

 

極論を言えばタクシーを使えば台北市内はどこへでも行けますが、そうはいっても時間帯によっては渋滞もありますし、いくら台北のタクシーが安いと言っても無限に使うわけにはいかないので、特に予算を抑えた旅行の場合、MRTなどの公共交通機関のアクセスの良さはやはり重要だと思います。

 

子連れの場合の優先順位

子連れ旅行で一番大事なのはなんと言っても子供の体調と安全の管理
その次に親の体力温存
ホテル代を節約したら、その分は移動の利便性にお金をかけます。

 

タクシーに乗るときに気をつけたいこと

台湾のタクシーは比較的危険は少ないものの、暗くなってから現地の言葉が話せない女性一人で乗るのはあまりおすすめしません。母親一人のときはなるべく駅の近く(徒歩5分以内)に泊まってMRTで移動するのが望ましいです。

 

バス利用で気をつけたいこと

バスは運転が荒いので子供が小さいうちはなるべく避けますが、乗る場合はバス停も事前にチェックしておきます。台北ではGoogleマップを使うとバスの運行状況がリアルタイムで調べられて便利ですが、最寄りのバス停については先に調べておく方が良いです。

子供が生まれてから改めて気づきましたが、子供がいないときは移動に便利だったUbikeやスクーターは使えない上に、暑い時期は特に抱っこ移動は辛いので、なるべく歩かないで済むようにしたいところです。

 

長距離移動はカーチャーターがおすすめ

荷物の多い空港とホテル間の移動では、タクシーを利用するのも便利です。

桃園空港から台北市内まで約40分で1200元くらいですが、優良でないドライバーもいるため、旅行の出発前にカーチャーターを予約することをお勧めします。KKdayのチャーター車はタクシーより料金が安く、利用者のレビューも見られるので安心です。

【空港送迎/3名まで】台湾桃園空港-台北市・新北市:専用チャーター車空港送迎(最大3名乗り)

【空港送迎/4〜8人乗り】台湾桃園空港-台北市・新北市:専用チャーター車空港送迎

 

九份や十分のような郊外の観光地へ行く場合も、小さい子供がいる場合は時間がかかるバスや電車よりも、臨機応変に対応してくれるカーチャーターがおすすめです。

【格安!!貸切チャーター】8時間で台北観光名所巡り

【台北から日帰り旅行】タクシーチャーター1日ツアー:野柳、九份、十分...

 

4時間コース、5時間コースといった短めの貸切もあるので、長時間の遠出が心配な人、郊外でちょっと行きづらい場所を回りたい場合などにもよさそうです。

台北観光自由自在!:貸切チャーター車半日ツアー(4時間)

【ルート自由自在 / 日本語ドライバー】北台湾・専用車チャーター5時間

 

ホテルの立地条件

私の初めての子連れ旅行は子供が0歳4ヶ月の時で、あまり外に出るつもりがなかったので、上記条件より多少交通の便が悪くても静かで広いホテルもいいなと思いました。交通の便が悪いと言っても台北市内の真ん中なのでたかが知れていますが……。

そのときの旅行記がこちらです。

www.2000twd.com

台湾で子連れで泊まったホテルについてはこちらのカテゴリーにまとめてありますので、よかったらご参考になさってください。

▼台湾ホテル カテゴリーの記事一覧 - 台湾2000元

 

子連れ旅で特に重視したい周囲施設

食事に関しては台湾の飲食店は大抵子連れOKですが、落ち着いて食べられない場合はテイクアウト(外帶)で。台湾は大抵の店でテイクアウトが可能ですが、周囲にそれっぽい飲食店があるかはGoogle Mapなどで事前にチェックしておくと便利です。

www.2000twd.com

 

その他に子連れに特に重要なコンビニ、スーパーは徒歩圏内に必要です。急に必要なものが発生しても、外出する時間はなるべく少なくしたいものです。

 

また、念のために小児科のある病院の位置を調べておきます。

↓日本台湾交流協会のサイトにもリストがあります。

(公財)日本台湾交流協会 台北事務所(日本語): 安全情報: 医療機関リスト

病院の下調べとあわせて、いざという時のために台湾観光局の24時間対応ホットライン(フリーダイヤル・日本語OK)の番号も控えておくと便利です。

0800-011‐765

基本的に台湾在住者向けですが、内政部移民署の方でも24時間対応ホットラインを用意しています。

0800-024-111

 

続きはこちら

www.2000twd.com

www.2000twd.com