台湾2000元

台湾在住の主婦が書く、台湾生活・台湾旅行・子連れ旅行記・台湾育児情報のブログ。

台湾入国時の「別送品(後送行李)」免税の手続き方法

あとで読む

だーげーほーです。

日本に一時帰国すると、生活用品から食料品、子供のものなど沢山の買い物をします。そしてスーツケースに収まらなかった分は郵送で台湾に持ち帰ることにしています。

 

前回(2016年)の一時帰国の際にも日本で買った生活用品を船便で送ったのですが、台湾の税関から関税を請求されたことにより、高額な商品でなくても関税がかかることを初めて知りました。

www.2000twd.com

 

そのため今回(2017年)の一時帰国では事前に「日本から台湾に手荷物で持ち帰れなかったものを郵送する際に免税を適用する方法」を調べて実行したので、そのやり方を書いておきます。

今回は航空便を使いましたが、船便・EMSでも方法は同じです。台湾に入国する人は基本的に誰でも使えるので、私のような一時帰国者に限らず、例えば台湾に行く時に持参するお土産がかさばるので郵送したいという場合でも使える免税方法です。

 

 

申告しないと、日本から送った荷物に関税がかかる

免税範囲内の物品を後から送ることを日本語では「別送品」と言い、台湾では中国語で「後送行李」と言います。まず「別送品」とはなにかという話ですが、日本の税関はこのように説明しています。

「別送品」とは、引越荷物、旅先で不要になった身回品、土産品などを、携帯品として持ち帰るものとは別に渡航先から郵便や宅配便などを利用して送ったものです。 別送品として通関できるものは、原則として本人の帰国(入国)後、6ヶ月以内に通関できるものに限ります。 なお、商業貨物や高額な物品等を別送品として本邦に送った場合には、一般の貿易貨物と同様の手続きが必要となる場合があります。

7102 別送品がある場合の税関への申告手続(カスタムスアンサー) : 税関 Japan Customs

 

上記は「海外から日本に荷物を送る場合」なので、日本入国時に日本の税関で手続きする話ですが、概念としてはほぼ同じでわかりやすい文章なので引用しました。本来なら入国時に免税できるものを、運びきれないので郵送や宅配便で送っても課税されないようにできる制度のことです。
私が台湾から日本に引っ越したり、台湾で買ったお土産を日本への帰国時に郵送することがあれば適用されますね。

 

「日本(またはその他の国)から台湾に荷物を送る場合」は、日本の税関ではなく台湾の税関(中国語で海關)が管轄する話になります。なお郵送の場合でも内容品の価格が2000元(約7400円)以下の場合はそもそも課税されないので、後送行李の手続きは不要です。

財政部關務署臺北關-後送行李

 

後送行李を使える条件

後送行李は海外から台湾に入国時に免税範囲内の金額の物品を携帯せずに台湾に送る際に使える方法で、入国していない人は使えません。

よって、入国時の免税が適用されない品物の発送、例えば本人が日本で買ったものでも台湾に販売元から直送したり、本人の入国がない場合は適用されません。

免税範囲を超える物品についても不適用です。また台湾では出入国時に持ち込めるのは「輸出入制限品目表」に記載されていない物品で、価値が20,000USDまでという制限があります。

 

輸出入制限品目および入国時の制限詳細については桃園空港のサイトに記載があります。

桃園國際機場-入国申告-

具体的な品目や数量についてはこちらに記載があります(中国語)。

財政部關務署臺北關-入境報關須知

 

後送行李の申告方法

今回は日本郵便を使って自分で送る荷物について書きます。宅配便その他のケースは調べていません。また専門家ではありませんので、あくまで私の経験談である旨ご了解ください。

 

荷造り・荷物ラベル作成

まず、台湾に行く前に日本から送る荷物のラベルを作成します。

その時に依頼主と届け先の氏名を同じにする必要があります。

今回の荷物は子供用のおもちゃの車・衣服・キャンディーと夫の靴下です。「内容品の詳細な記載」欄に書いた品名(英語または中国語)と数量、金額をメモしておきます(私はスマホのカメラで撮影しておきました)。

また荷物の箱には念のため大きく日本語と中国語で「別送品」「後送行李」と書いておきました。英語では「unaccompanied baggage」なので、駄目押しで書いておいてもいいかも。

 

台湾入国前の税関申告書作成

次に、台湾行きの飛行機の機内で税関の申告書(中華民國海關申報單)を乗務員にもらって書きます。一番上に空運と書いてありますが、船便でもこちらの申告書に書きます。

注意点として、金額について郵送のラベルは日本円で記載していますが、台湾元に換算して書く必要があります。レートの変動もあるので大体の金額で大丈夫です。

f:id:dageho:20180412180214j:plain

 

書き方についてはこちらのサイトを参考にさせていただきました。

別送品申告書(中華民國海關申報單)サンプル

Nippon Express - 海外から台湾へ

 

台湾入国時の税関申告書提出

台湾の空港に到着後、入国審査を済ませて預け手荷物を受け取り、入国ゲート手前の税関手荷物検査で赤いほうのライン「應申報檯(関税申告カウンター)」に進みます。

そこで係員に後送行李がある旨を伝え、先ほどの申告書(中華民國海關申報單)を提出して手続きをしてもらいます。

一番下に管理のための番号が書かれており、万が一配達時に関税がかけられた場合に大事な情報となるので、こちらの写真をスマホで撮っておいてと言われました。申告書は一枚で、コピーや写しはもらえません。

f:id:dageho:20180412180246j:plain

 

台湾入国後、荷物が届くまで 

後送行李は台湾入国の翌日から6ヶ月以内に通関する必要があり、関税がかかった場合ば通関の翌日から15日以内に申し立ての必要があります。ということは荷物を早く送りすぎる=台湾入国前に本人より先に荷物が届くのはダメということかと思います。

今回海關の係員から聞いた説明では、通関手続きの際に確認の電話がかかってくることがあるそうで、その時に後送行李であることを伝えてくださいとのことでした。後送行李と箱に書いていなかったら電話がなくそのまま課税される可能性があり手続きが面倒なので、わかりやすく大きく書いておくのが大事だと思います。

今回の荷物は無事関税が発生せずに到着しましたが、次回以降もし関税がかかるようなことがあったらまたこちらの記事を更新するつもりです。