台湾2000元

訳あって台湾で予算2000元以内のホテル探しと旅の備忘録、細かすぎて伝わらない現地生活ネタ。

【全聯】100%台湾産牛乳、プレミアムなお味のプレーンヨーグルト

あとで読む

だーげーほーです。

子供の離乳食にプレーンヨーグルトをよく買っています。

 

私の住んでいる所はお店が少ないので、日常の買い物は全聯福利中心頼みになることが多いのですが、以前はプレーンヨーグルトはほとんど置いていなかったのに、最近は何種類か入荷するようになってきました。

 

台湾の田舎町の乳製品事情

プレーンヨーグルトに限らず、全聯はここ1年くらいで牛乳やバター、チーズなどもかなり種類が豊富になったので嬉しい限りです。

台湾は牛乳の価格が高く、乳製品も輸入品中心で、そもそも家庭での需要がないのか入荷も少なく、以前は田舎町では本当に全く選択肢がなかったのです。

数年前までチーズは粉チーズとスライスチーズのみ一種類ずつで、ピザ用チーズすら売っておらず、バターも含め全部同じニュージーランド産のメーカーという感じで、乳製品好きの私はあまりのアイテム数の少なさに憤慨したものでした。

 

今でも日本に比べれば少ないですが、チーズもだいぶ種類が増え、バターは輸入品でも無塩有塩を選べるようになったので全聯さまさまという感じです。

 

全聯で買える美味しいプレーンヨーグルト

ちょうど子供の離乳食が始まる頃にプレーンヨーグルトも種類が増えたので、毎回違うメーカーのものを買って食べ比べた結果、やはり高いものは断然おいしいし子供もよく食べます。

私が全聯福利中心でよく買っているのはこの2種類です。

 

【福樂】頂級鮮奶優酪

ギリシャヨーグルトのように濃厚でクリーム感があって、クリームチーズに近い風味があります。頂級(プレミアム)という名前にふさわしく、新鮮な牛乳で作られている感があり、食べた時の満足度が高いです。

f:id:dageho:20170911093154j:plain

 

【光泉】頂級鮮奶優酪・原味

福樂と同じ名前ですが日本語で「トップ ミルク」その後になぜか優酪(ヨーグルト)とここだけ中国語の謎パッケージですが、中身は福樂と肩を並べるおいしさです。こちらはクリーム感よりミルクの風味が際立っています。

f:id:dageho:20170911093159j:plain

 

いずれも原材料は国産の牛乳100%とヨーグルト菌のみで、糖分や添加物は入っていません。酸味が少なめでまろやかな味わいです。

f:id:dageho:20170916145911j:plain

 

台湾産の乳製品はやっぱり高い

プレーンヨーグルトの日本の価格をすっかり忘れてしまったので調べてみたところ、だいたい400〜500gで150円くらいとかなり安くてびっくりしました。

上記の台湾産プレーンヨーグルトはどちらも500gで129〜139元くらいと、日本円に換算したらかなり高い(500円くらい)のですが、台湾では国産牛乳自体が高価なので仕方ないのかもしれません。

 

日本だとブランド乳製品の価格帯ですが、スーパーの大手メーカーでもほぼこの価格帯のものしか売っていないので、今のところプレーンヨーグルト=プレミアムヨーグルトという感じです。価格だけがプレミアムなメーカーもありましたが……。

同じ台湾産でも、飲むヨーグルトやデザート系のヨーグルトはそこまで高くないのですが、やはり混ぜ物が少ない分ダイレクトに価格に反映されてしまうのだと思います。

 

我が家は元々ヨーグルトはあまり食べないのと、価格が高いのでほぼ子供専用になっていますが、おいしいのでヨーグルト好きの方にはオススメですよ。