台湾2000元

訳あって台湾で予算2000元以内のホテル探しと旅の備忘録、細かすぎて伝わらない現地生活ネタ。

【経験談】台湾人へのお土産、ウケたものウケなかったもの(後編)

あとで読む

だーげーほーです。

前回の記事の続きです。

www.2000twd.com

 

前回の記事では、初対面など特に好みのわからない方へのお土産について、台湾ギフトのタブーについて、免税店でのおすすめを書きました。

今回の後編では、私が実際にお土産にした物の中で、比較的価格帯が高めのもの、ビジネスの手土産にも使えそうな見栄えの良いものについて書きたいと思います。

 

1000円以内で買えるお土産についてはこちらをご覧ください。

www.2000twd.com

 

 

実際にお土産に選んだものとその時の反応

ここからは実際に私が選んだお土産とその理由、その時の反応について書こうと思います。渡す相手は親しい友人や夫の親戚関係などです。注意事項と選ばない方がいい理由も書きます。

 

台湾で手に入りにくいお酒

台湾は日本人ほどはお酒を飲まない人が多いので、確実に飲むとわかっている人限定ですが、私の友人のお酒大好きな人には日本の季節限定パッケージ(桜)のビールと、地方の地酒を買っていったことがあります。

こちらは大変好評でしたが、季節限定パッケージのビールやオリオンビール、梅酒や缶チューハイなどの「まさか台湾にはないだろう」と思っていたお酒は、最近POYAなどのチェーン店で普通に手に入るようになりました。

しかも価格差がほとんどなかったり、税金の関係で日本より安かったりする場合すらあります。

 

よってお酒をお土産にする時の基準としては、日本人に贈る時と同じ感覚で選ぶと良いんじゃないかなと思います。空港の免税店で買うのもいいし、地方名産のお酒(日本酒、ウイスキー、焼酎、泡盛など)などもいいと思います。

 

こちらは金沢の純米酒、さらに金箔が通常より多めで海外の方へのお土産に好評だそうです。パッケージも高級感があっていいですね。

 

フルーツゼリー

台湾では白桃はあまり食べる機会がない割に(ないから?)人気がありますが、生の果物を台湾に持ち込むのは植物検疫の関係上難しいので、新宿高野の白桃ゼリーを買っていったことがあります。なるべく風味の残っている丸ごと果実タイプのものを選びました。

 

デパートブランド、特に新宿高野銀座千疋屋なら間違いない、と思っています。台湾でも有名な「新宿」「銀座」の地名が入っているのもいいですよね。

 

彩果の宝石は果実入りではありませんが、保存期間が長く数が多いので、大家族やオフィスのお土産向きだと思います。

 

台湾に持って行く時の注意ですが、ゼリーは液体物とみなされるので国際線の客室持ち込みができません

私は知らずに機内持ち込み手荷物に入れていて手荷物検査で引っかかり、再び出発直前の航空会社のカウンターに預けに戻ることになり冷や汗をかいたことがあります。ご注意ください。

 

福砂屋のカステラ

カステラは日本では比較的万人受けするお菓子ですが、台湾でも売られているので馴染みのあるお菓子です。日本の有名店のものであればさらに喜ばれると思います。

私の母がよく選ぶのは福砂屋のカステラで、これは日本でももらって嬉しいギフトの上位に入るものだと思います。義父母の家に持って行くと、大きいのを切り分けて近所の親戚に配っていました。

 

一人暮らしの方や切り分けるのが大変そうな場合は、カット済みで食べやすいフクサヤキューブがいいかもしれません。人気商品で、特に小サイズはデパートや免税店では売り切れていることが多くなかなか買えません。

 

治一郎のバウムクーヘン

ここ10年くらい、日本ではバウムクーヘンブームだったのか、新しいブランドが続々出てきましたね。中でも私は治一郎のバウムクーヘンが好きで、成田空港の免税店(以前はサイトで確認できたのですが、今も取り扱いしているかは不明)で買うことがあります。

www.jiichiro-shop.com

 

8cmの方は見栄えもするしお土産にもちょうどいいと思い、以前に義父母にも買っていったことがありますが、義父母はあまり甘いものを好まないのと、糖尿病の人がいるからという理由で受け取り拒否されてしまいました。カステラは大丈夫だったのに。

 

これはまあかなり特殊なケースで、台湾のセブンイレブンではカットのミニバウムが「日式年輪」という名前の定番商品として売られているくらいなので、通常はバウムクーヘンは喜ばれると思います。

 

台湾のスイーツは甘さ控えめなものが主流なので、選ぶとしたらチョコレートがけなどのコーティングタイプよりも、甘すぎないプレーンタイプや抹茶風味の方がよさそうな気がします。

 

ヨックモックのギフトセット

日本では定番中の定番で、最近は世界各地に出店しているヨックモックですが、台湾にも店舗があります。が、台湾のヨックモックは恐ろしく高いので、これも日本土産として知っている人には大人気、知らなくても万人受けするおいしさなので喜ばれると思います。

食べ終わったあとの缶を何に使おうか考えるのも楽しいですよね。

 

唯一、バターが嫌いという友達にはウケませんでしたが「子供達は好きだから子供達にあげるね」と言っていました。台湾は日本ほどバターを使う料理が浸透していないせいもあり、特に田舎の方は食に保守的な傾向があるため、もしかしたらバターが苦手な人がいるかもしれません。

なので、ヨックモックといえばシガールですが、念のためチョコレート系もセットになったものの方がいいかもしれません。夏場は持って行くのが大変ですけどね。

 

昆布、椎茸などの乾物食材

バウムクーヘンの項にも書きましたが、義父母に甘いお菓子を持って行くことができなくなり、また台湾の人は一般的にしょっぱいものもあまり好まないためおかきやせんべいも選択肢から外れ(注:おかきやせんべいが好きな人もいます)、苦肉の策で昆布や椎茸などの乾物を買ったことがあります。

 

台湾でも昆布や椎茸は普通に売っていて、台湾料理にもしょっちゅう使うものなので、ギフト用のちょっといいものを選びました。義両親は1日3食自炊するので大丈夫でしたが、特に若い世代の台湾人は全く料理をしない人も多いので、これはかなり人を選ぶお土産だと思います。

 

乾燥しいたけと言えば「どんこ」ですが、この高千穂産はレビュー評価が高くて気になります。

 

ユニクロの服

参考にならなくて申し訳ありませんが、これも同じく私の義両親限定のお土産です。

ユニクロは台湾にたくさんあるので通常台湾人へのお土産には向かないと思いますが、義両親はユニクロに行くことはないしネット通販もしないので、お土産に何度か買っていっています。

冬はスクーターに乗る時に寒いので家で洗えるダウンジャケット、夏は暑い台湾でも少しでも過ごしやすいように涼感素材の服や、洗ってもすぐ乾く機能性のある服を選んでいます。

 

台湾で着る服はとにかく「洗濯機でガンガン洗える」がポイントです。スポーツウェアを着ている人が多いのはこの理由も大きいと思います。

クリーニングは高額(日本と同じかそれ以上)の上、暑くてすぐに汗をかき、高温多湿でカビが生えやすいので、私も日本で買ったお手入れが大変な服はほとんど着なくなりました。

 

服は好みもあるので、もし選ぶとしたら家の中で着られるようなリラックスウェアがいいかもしれません。今年の夏はリラコの長めパンツをプレゼントしました。

 

水出し日本茶

台湾人はお茶をよく飲むので、日本茶も喜ばれるだろうと思うかもしれませんが、日本茶はお土産として選ばないほうがよいものの一つです。

 

理由としては台湾人が飲むのは主に台湾茶で、淹れ方も淹れる器具も異なること、基本的に日本茶はドリンクショップやペットボトルで飲むものだからです。茶葉をもらっても飲めない、飲まないのです。

お茶好きで紅茶や日本茶を家で楽しむ人ももちろんいますが、少数派です。私の知り合いは面倒臭がってティーパックのお茶すら淹れない人が多いです。

 

ティーパック茶に関しても、台湾でいう緑茶は大抵ジャスミン緑茶で、日本の緑茶(日式緑茶)は味が濃く、飲みなれていません。

 

ちなみに台湾のドリンクショップでも日式緑茶・玄米茶・ほうじ茶などを置いてある店がありますが、基本的に糖分入り(無糖もオーダーできる)なので、日本で飲む日本茶とはかなり感覚が違います。

 

もし日本茶を選ぶとしたら、水出しタイプのペットボトルで作るタイプの緑茶ティーパックがおすすめです。水と一緒にペットボトルに入れるだけなので簡単で、台湾茶でも水出しは冷泡茶という方法で知られているからです。

 

実際にお土産に選んでいないけれど気になるもの

実際にお土産として買ったことはないけれど、これから買うなら?というものを考えてみました。

 

ヘアケア製品

以前ヘアケアについての記事で触れましたが、台湾ではパナソニックのナノケアドライヤーが非常に人気があります。 またヘアカラーも頼まれたことがありますが、これは「台湾でも日本からの輸入品が売っているよ」と教えてあげました。

ナノケアドライヤーとヘアケア製品についてはこちらで書いたのでご参照ください。

www.2000twd.com

 

懐かしのゲーム機

台湾はゲームをする人は多いのですが、ライトユーザー層については、日本同様台湾でも今はスマホゲームが主流で、ゲーム専用機は本体・ソフト共に高価なこともあり、特に最新機種は日本以上に浸透していない印象があります。

 

そんな中、昨年話題になったのは復刻版ファミコンとも言えるニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ(任天堂經典迷你紅白機)でした。

普段ゲームをしない人でも、懐かしいので遊んでみたい、昔買えなかったから欲しいという人が多かったようです。台湾の團購(ネットでの共同購入)でも海賊版を何度か見かけました。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ|任天堂

 

任天堂の公式サイトには

2018年に本商品の生産を再開することが決定いたしました。店頭での販売開始時期については、後日ご案内いたします。(2017年9月12日)

と書いてあったので、再発売を待ちたいところです。 

 

今年発売になったニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン(任天堂經典迷你超任)もこれから人気が出そうな気がします。

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン | 任天堂

 

ネット通販で見るとプレミア価格で売っているお店がほとんどのようなので、実店舗で探すか定価で出回るのを待った方が良さそうですね。

日本での参考価格は8,618円(税込)、台湾での現在のネット通販平均価格は3980元前後のようです。

ちなみに私も日本からいくつか据え置きゲーム機を持ち込んでいます。

台湾の電圧は110Vですが、日本の100V対応のゲーム機も問題なく動きます。変圧器も変換プラグも不要です。逆に変圧器を使うと、機種によっては時間の経過とともに負荷がかかって電源が落ちることがありました。

 

以上、お悩みの方へのヒントになるとよいのですが……。また新しいものを見つけたら書きたいと思います。