台湾2000元

訳あって台湾で予算2000元以内のホテル探しと旅の備忘録、細かすぎて伝わらない現地生活ネタ。

【台北】コスパ最高!強力推薦☆台北 モーニング ホテル (台北早晨民宿)

あとで読む

[AD]海外旅行に最適なおすすめクレジットカード13選!

私が実際に泊まったホテルについての感想と旅行記を書いています。

【2017年2月宿泊・夫婦+0歳7ヶ月】

台北の「台北 モーニング ホテル (台北早晨民宿/タイペイ モーニング ホテル/Taipei Morning Hotel/澄舍商旅)」です。

ホテル名表記が複数ありますがすべて同じホテルです(台湾あるある)。

f:id:dageho:20170526181501j:plain

f:id:dageho:20170526181455j:plain

⇒Hotels.comで見る ⇒Booking.comで見る

写真がブレていて見にくくてゴメンナサイ。

子連れおすすめポイント

私独自の「台湾子連れ向きホテル」チェックポイントを元に、こちらのホテルを選びました。実際に泊まった部屋について◎◯△で評価しています。

【設備】

「ビジネス ルーム シングルベッド 2 台」に宿泊しました。

基準はこちら⇒台湾子連れホテルの探し方 3(室内設備編) - 台湾2000元

  1. シングルベッド2台(リクエストでくっつけてもらえます)・ベビーベッドなし・絨毯フロア ◯
  2. ソファなし △
  3. バスタブあり・浴室内シャワーあり・ベビーバスなし ◎
  4. 窓あり・眺望あり(019号室は裏路地を挟んだ向かいのビル) ◯
  5. 防音 △
  6. 電気ケトルあり ◎
  7. 洗濯機・乾燥機あり(ランドリールームに各1台ずつ、洗剤付き無料) ◯

ランドリールームは手洗いコーナーもあり、清潔でよかったのですが、無料のせいもあるのか順番待ちが多かったです。

【ロケーション 】

基準はこちら⇒台湾子連れホテルの探し方 1(場所選び編) - 台湾2000元

  • MRT駅徒歩10分以内 ◯
  • バス停徒歩5分以内 ◎
  • コンビニ徒歩5分以内 ◎
  • スーパーマーケット徒歩10分以内 ◯

 

アクセス

最寄駅はMRT松江南京站で、徒歩5〜6分くらい。MRT中山站からだと徒歩15分弱(子連れ速度)。

こちらもMRT駅から荷物を持って歩ける距離ではないので、台北駅からタクシー利用しました。

バス停は徒歩2分くらいのところにある「南京吉林路口」で、松江南京駅までも歩けますが、バスの方が使い勝手が良いです。

 

周辺施設

セブンイレブンがビルの一階入り口の隣にあります。徒歩0分です。

スーパーは最寄りだと徒歩8分くらいの欣欣百貨の中にあるJASONSです。こちらはやや高級スーパーですが、台湾土産が充実していており、また輸入食品も多く、日本の離乳食やオムツも入手できます。同じビルの中にユニクロ、隣の建物の中にトイザらス(玩具反斗城)もあるので、子連れに便利なエリアです。

 

↓JASONSについてはこちらの記事でも触れています。

2000twd.hatenablog.com

 

食事

こちらのホテルは朝食およびレストランはついていないため、3食とも外に食べに行きましたが、中山エリアは日本人観光客向けのお店が揃っており、ちょっと歩けば有名店だらけで、なんでも食べに行けます。

私たちは子供優先で動いた結果食べる時間がなくなって、夜中に吉野家でテイクアウトしたり、バーガーキングでテイクアウトしたりしましたが……。

 

なお徒歩1分くらいの場所に「阿娥水餃」という水餃子の有名なお店があります。こちらで朝食を食べたかったのですが、時間が合わず断念。

代わりにそこから徒歩30秒ほど歩いて北方面にある「老麵攤」という台湾&タイ料理のお店で朝食を食べました。Googleマップでの評価が高かったのですが、私は辛いものが食べられないので辛くしないでと言ったら、ちょっと間の抜けた味のものが出てきました(あくまで個人の感想です)。決して美味しくないわけじゃないんだけど、朝食としては価格がやや高めゆえコスパが悪いというか。

ちょうど他のお客さんがいなかったこともあり、お店の方と色々話したのは楽しかったです。

f:id:dageho:20170528164121j:plain

f:id:dageho:20170528164141j:plain

 

こちらのホテルは南京東路に面していて、MRT松山線が最寄りなので、MRT松山站から歩いてすぐの饒河街觀光夜市にはバスでもMRTでもアクセスしやすいです。

MRT松山站(松山駅)からは少し離れますが、台鐡松山車站CityLinkという駅ビルがあり、そちらの一階真正面に話題のおしゃれな台湾ドリンクスタンド「京盛宇」が入っていたので、試しに買ってみました。若い男性の店員さんが流暢な日本語を話されていました。

f:id:dageho:20170528164205j:plain

f:id:dageho:20170528164217j:plain

 

感想

台北によくあるタイプの、ビルのワンフロアを改装したスタイリッシュな内装のビジネスホテルです。評価が良いので前から目をつけていたホテルなのですが、なんと直前割引で一泊NT$1,395という破格値に。二人+子供一人で日本円で5000円前後ですよ。いいんでしょうか。

ただ、特に音が響くつくりではありませんでしたが、防音設備があるとは書いていないのと、部屋のサイズは小さめなので、大人しくできない子供・激しく泣くことが多い赤ちゃんには向いていないと思います

我が子はまだ歩けなくて夜泣きもあまりしない月齢なのでなんとかなりましたが、今後はしばらく難しいかもしれません。

私たちは事前にホテルに問い合わせをして、赤ちゃん連れ宿泊OKとのことだったので、シングルベッド2台をくっつけてもらいました。かなりの幅になりますので、子供を真ん中に置いて添い寝可能です。

 

台北ナビさんの記事を参考に、019号室に泊まりました。

↓設備や内装など写真も多く、こちらの記事がとても参考になりました。

www.taipeinavi.com

こちらの記事では洗濯機は24時間使用可能と書いてありますが、実際は夜間から早朝帯は控えてくださいと書いてあります。

019号室はランドリールーム隣接なので、洗濯機・乾燥機の音は結構聞こえるのですが、その分他の部屋と接していないため、比較的子連れ向きだと思います。

 

基本的には寝るだけタイプのホテルですが、こちらの部屋はバスルームがとても良かったです。台湾には珍しい、浴槽+洗い場のシャワーで日本のお風呂に近いタイプ。ユニットバスですが、トイレとバスルームの間はガラス扉で仕切られています。部屋ごとにバスルームの仕様は違うので、予約の前に問い合わせをお勧めします(日本語可)。

ベビーバスはありませんでしたが、日本のお風呂と同じ感覚で子供と一緒に浴槽に浸かり、体を洗った後シャワーで流すことができます。真新しい浴槽の吐水口は幅広で湯量もたっぷりで申し分ないです。低価格帯のホテルだとお風呂は期待できないことが多いですが、ここは今までの中でベスト3に入るかも。

お風呂にうるさい日本人にも、きっと満足度が高いこと間違いなし。

 

フロントのスタッフも感じがよく、とても気に入ったのですが、基本的に低価格でシンプルなビジネスホテルなので、ベビーバス・ベビーベッドはありません。よって子供連れで万人にお勧めできるホテルではないです。

一人旅か夫婦二人で泊まるならかなりコスパが良いと思います安くて立地が良くて新しくて清潔で、各ホテル予約サイトでの高評価がうなずけます。

 

【2017.6.1】追記

客室のデスクに台北の名産品お取り寄せサービスのリストがあったのですが、そのラインナップが変な無名のお店とかじゃなくて、美味しくて有名なお店の看板商品ばかりで感心しました。

欲しいものをフロントに予め頼んでおくと、ホテルまで届けてくれるそうです。一軒一軒回ると大変だし重いので、とても気が利いているなと思いました。手数料なども入っていなかったような気がします。

ビジネスで宿泊したけれど時間がない、お土産に何を買っていいかわからないという人は、こちらのリストにあるものをオーダーすれば楽だし間違いないと思いますよ。