台湾2000元

訳あって台湾で予算2000元以内のホテル探しと旅の備忘録、細かすぎて伝わらない現地生活ネタ。

【日月潭】乳幼児連れにも安心の室内設備☆サン ムーン レイク ホテル (日月潭大飯店)

あとで読む

私が実際に泊まったホテルについての感想と旅行記を書いています。

【2017年6月宿泊・夫婦+0歳11ヶ月+妻の両親】

日月潭の「サン ムーン レイク ホテル (日月潭大飯店/Sun Moon Lake Hotel)」です。

日月潭のホテル、特に湖が見える部屋はどこも高いですね〜。でもせっかくの機会なので、一日中湖面が見える部屋に泊まってきました。4つ星ホテルです。珍しくホテルから全く出ずに、家族水入らずの時間を過ごしました。

 

f:id:dageho:20170707061212j:plain

 

このホテル記事は親子孫3世代5日間の台湾国内旅行(日月潭〜台南〜台中)の旅行記の一部です。

www.2000twd.com

 

台中から日月潭まではレンタカーで移動しました。

www.2000twd.com

 

 

子連れおすすめポイント

私独自の「台湾子連れ向きホテル」の7つのチェックポイントを元に、こちらのホテルを選びました。実際に泊まった部屋について◎◯△で評価しています。

設備

「スイート キングベッド 1 台 レイクビュー(50平米)」に宿泊しました。

基準はこちら⇒台湾子連れホテルの探し方 3(室内設備編) - 台湾2000元

  1. 大きめダブルベッド・ベビーベッドあり・クッションフロア ◎
  2. ソファあり ◎
  3. バスタブあり・浴室内シャワーあり・ベビーバスあり ◎
  4. 窓あり・眺望あり ◎
  5. 防音あり ◎
  6. 電気ケトルあり ◎
  7. 洗濯機・乾燥機あり(一泊なので設備詳細は未確認) ◯

今回ベビーベッド・ベビーバスは利用しませんでしたが、両親が偶然見かけた赤ちゃん連れの部屋には天蓋つきのベビーベッドが置いてあったそうです。

 

公共エリア

ホテルの入り口は湖を巡るメインの道路に面していて意外に交通量があり、無料駐車場が道路の対岸にあるため出入りはやや面倒です。この日は雨が降っていたこともあり、先に車寄せに車を入れて荷物を先に運びました。

 

エントランスから見える景色。日月潭の湖面に面していて、エントランスから見える景色で期待感が高まります。この日は雨で雲がかかっていますが、これはこれで素敵。

f:id:dageho:20170715035852j:plain

 

フロントの正面に大きな花が飾ってあり、木を丸々一本使ったベンチが置いてあったりして広々としています。フロントには簡単な日本語を話せる女性がいました。

f:id:dageho:20170715035900j:plain

 

9階以上が貴賓フロアと書いてありました。私たちが泊まったのは9階です。

f:id:dageho:20170715035907j:plain

 

客室

入ってすぐに広いエントランスエリアがあり、左側の居室エリアと右側正面のバスエリアに分かれます。

f:id:dageho:20170715035924j:plain

 

エントランスエリアにはクローゼットがあり、使い捨てスリッパが置いてありました。

f:id:dageho:20170715040044j:plain

 

エントランスのすぐ左手にベッドがある不思議なレイアウト。ベッドが日式だったのでこちらの部屋を選びました。幅は2mくらいありそう。フローリングの床の上にベッドの台があり、台の段差はあるものの、全体的に低いので子供が上り下りしても安心。

f:id:dageho:20170715035934j:plain

 

ベッドのヘッドボードには電灯のコントロールパネルがついています。子供がいたずらしてしまうので、枕で隠しておきました。

f:id:dageho:20170715040134j:plain

 

ベッドの正面にリビングがあります。こちらの床はクッションフロアで、子供がハイハイしても転んでもあまり痛くなさそうでとてもよかったです。ベッドエリアもフローリングなので、親もスリッパを履かなくても済み、自宅と同じ感覚で過ごせます。

今までに子連れで泊まった台湾のホテルで、床に関してここまでストレスがないのは珍しいです。もちろん清掃状態は完璧。

f:id:dageho:20170715035928j:plain

 

ソファの正面には大型テレビがあります。下にちょっとした台があり、荷物も置きやすいです。

f:id:dageho:20170715035958j:plain

 

テーブルにはウェルカムフルーツが用意されていました。

f:id:dageho:20170715040001j:plain

 

クッションフロアなのでスリッパを脱ぐこともでき、床をハイハイする子供をフォローするのも楽チン。まさにリビング。両親を呼んで子供と一緒にくつろいでもらいました。

f:id:dageho:20170715040006j:plain

 

ミネラルウォーターは常温と冷蔵庫内に各2本ずつ準備されていました。日月潭名産の日月潭紅茶のティーパックもありました。

f:id:dageho:20170715040050j:plain

 

フリードリンクもあります。

f:id:dageho:20170715040013j:plain

 

ベランダからの景色はこんな感じ。ベランダも綺麗に掃除されていて、裸足でも出られる感じです。虫がいるのでジャバラ式の網戸を閉めてくださいと書いてあります。涼しいので、エアコンよりも窓を開けて網戸にした方が快適ですね。

f:id:dageho:20170715035943j:plain

 

バスエリア

ユニットバスではなく、バス・トイレ・洗面所が分かれています。お風呂場も広いし、浴槽もかなり大きく、3人くらいは余裕で入れます。

f:id:dageho:20170715040020j:plain

 

巨大な浴槽の中にベンチがあります。台湾のホテルの作り付けの浴槽は、この手の深くて中に腰掛けがあるタイプが多いです。

f:id:dageho:20170715040024j:plain

 

こんなに大きな浴槽だからお湯を溜めるのはさぞかし時間がかかるだろうなと思いきや、幅広の出水口から大量のお湯が出て、あっという間に満水になりました。

f:id:dageho:20170715040152j:plain

 

浴槽の横にテレビがついていて、チャンネルは少ないものの音楽を聴くこともできます。台湾は家庭でバスタブを使う習慣があまりないせいか?お風呂の入り方を図説したシールが貼ってあります。

f:id:dageho:20170715040146j:plain

 

シャワーヘッドもおしゃれなデザインで、一見小さくて使いにくそうに見えますが、水圧もちゃんとあって意外に使いやすかったです。

f:id:dageho:20170715040140j:plain

 

アメニティは以前に某おしゃれホテルで見たものと同じSOFNONというメーカーでした。レモンバーベナの香りのシャンプー・シャワージェル・ボディーローションの3点で、台湾の一般的なホテル同様にヘアコンディショナーはありませんが、なかなか使い心地が良かったです。

f:id:dageho:20170715040031j:plain

 

バスローブも用意してあります。

f:id:dageho:20170715040037j:plain

 

トイレは引き戸式でお風呂と分かれていて、照明も弱めで落ち着きます。

f:id:dageho:20170715040041j:plain

 

一つだけ気になる点としては、客室だけでなく公共エリアもそうなのですが、最近のホテルに比べるとエリアごとの段差がやや多いように感じます。すごく危ないという感じでもないですが、ちょっと注意した方がいいかなと思いました。

 

スタンダード ルーム シングルベッド 2 台 レイクビューの部屋

両親が泊まったのは「スタンダード ルーム シングルベッド 2 台 レイクビュー」です。両親はシングルベッド二台が希望だったのでこちらの部屋を選びました。ホテル予約サイトではどちらも50平米と書いてありますが、私たちの泊まった部屋の方がわずかに大きいように感じました。

 

幅広めのシングルベッド。ベッドエリアはベランダに面していて、床はカーペットです。

f:id:dageho:20170715040113j:plain

 

入り口側に和式の小上がりがついています。

f:id:dageho:20170715040106j:plain

 

こちらの和室は子供を遊ばせるのにとても重宝しました。やはり畳敷きはいいですね。この座椅子も程よい高さがあって座り心地が良いです。

間仕切りを閉めることもできるので、子供と一緒に泊まったら、子供が寝た後に中で作業をするのにも便利そう。

f:id:dageho:20170715040124j:plain

 

こちらの部屋は端の方にあったので、景色は私たちの部屋の方がややよいかも。

でもどちらの部屋も快適でした。

f:id:dageho:20170715051821j:plain

 

眺望

こちらは私たちの部屋から見た夕方の景色。湖の西北に位置しているからか、太陽は背面の山の方に沈むため夕日は見えませんでした。正面にあるホテル(日月行館)が薄いオレンジ色に染まっています。

f:id:dageho:20170715040157j:plain

 

夜になると水社のホテル群の明かりが湖面に映えます。

f:id:dageho:20170715040201j:plain

 

ちなみにマウンテンビューの部屋もあるのですが、山側の眺めも緑が濃くて綺麗でした。でもやはり日月潭に泊まるなら、景色を堪能できる湖側がおすすめです。日月潭の特長である、時間帯によって変わる湖の色を楽しめます。

 

レンタサイクル

日月潭といえば湖の周りをぐるっと周るサイクリングコースが有名です。

以前に来た時はまだ完成していなかったためサイクリングしたかったのですが、子供がいるため断念。

f:id:dageho:20170715040213j:plain

 

たくさんの人がサイクリングを楽しんでいました。絵になる景色。天気が良すぎて日焼けが心配でした。

f:id:dageho:20170715040219j:plain

 

日月潭大飯店でも無料の貸自転車を用意しています。

f:id:dageho:20170715040225j:plain

 

宿泊客が十分に乗れる台数が揃っているようです。

f:id:dageho:20170715040231j:plain

 

レンタサイクル以外にも、ビリヤードやカラオケなどのレクリエーション施設、ジムなどのホテル内設備が充実しているので、天気が悪くて外に出られない時でもホテル内で十分過ごせます。

 

ロケーション

基準はこちら⇒台湾子連れホテルの探し方 1(場所選び編) - 台湾2000元

  • MRT駅なし
  • バス停徒歩15分 △
  • コンビニ徒歩15分 △
  • スーパーマーケット不明 △

リゾート地なので通常のホテル探しのロケーション基準は当てはまりません。

 

アクセス

日月潭エリアに公共の交通手段で行く場合は、主なルートとして高鉄(台湾新幹線)台中駅から乗る台湾好行バスで、日月潭の北側玄関口である水社遊客中心(水社ツーリストセンター)まで1時間半ほどかかります。台鉄台中駅からだと2時間です。

水社遊客中心からは1時間に1本、ホテルが無料シャトルバスを運行しており、5分ほどで到着します。

今回は車で高鉄台中駅付近から向かいましたが、1時間半弱で到着しました。

 

周辺施設

水社エリアからは車で5分ほど離れており、道路に面しているので寂しいところではないですが、周囲にお店などは見当たりません。チェックイン後水社エリアに行くには、ホテルで無料で貸し出している自転車を使った方が便利かもしれません。

 

食事

今回、到着日の夕飯に関してはノープランでしたが、天気が悪く両親も移動で疲れていたので、外には出ず地下にある中華料理のレストラン「桂月」で夕食をとることにしました。

朝食は宿泊プラン込みで、同じ場所でビュッフェ形式でした。

 

夕食

メニュー名を控えるのを忘れましたが、4人で5品ほど頼みました。

各種中華料理(四川や香港、台湾などのミックス)のメニューをアラカルトでオーダーしました。価格ははっきりと覚えていないのですが、リゾート地の四つ星レストランにしてはずいぶん良心的なお値段でした。

 

こちらは龍鬚菜の炒め物。

f:id:dageho:20170715040315j:plain

 

タロイモを蒸したもの。

f:id:dageho:20170715040320j:plain

 

蟹味噌&厚揚げ豆腐。

f:id:dageho:20170715040323j:plain

 

牛肉のオイスターソース炒め。

f:id:dageho:20170715040327j:plain

 

揚げたスペアリブにニンニクやナッツなどのスパイス炒めがかかったもの。

f:id:dageho:20170715040329j:plain

 

朝食

朝食は洋風・中華ともにメニューがかなり豊富でした。

f:id:dageho:20170715040342j:plain

 

子供用の椅子と食器も用意してもらえます。中華はお粥もあったので、子供に食べさせてみました。確か地瓜(サツマイモ)入りと小米(アワ)入りの二種類があり、離乳食なので地瓜入りの方を選びました。

f:id:dageho:20170715040346j:plain

 

日月潭といえば原住民料理が有名ですが、それらしいメニューはなかったのが残念。代わりに珍しいものを見つけました。石蓮花です。多肉植物の一種ですが、見た目と違って柔らかいんですね。おいしかったです。

f:id:dageho:20170715040353j:plain

 

ヤングコーンも生のものはあまり見ませんよね。なぜか大人気で、みんな食べていました。

f:id:dageho:20170715040359j:plain

 

おしぼりが見当たらないな〜と思ったらこの機械がおしぼりマシーンでした。その場で水に濡らした紙が出てきます。画期的ですが、水が多すぎてビッシャビシャです。

f:id:dageho:20170715040407j:plain

 

感想

日月潭に宿泊するのは二回目で、前回も今回と同じく一泊しました。前回は伊達邵(イタサオ、または德化社)地区のホテルに泊まりました。今回はリゾート地ということで選択肢が狭まるので、立地条件を含んだホテル選びの過程についても触れてみたいと思います。

 

日月潭のホテルは大まかに二箇所に集中している

日月潭の宿泊エリアは大きく分けると水社エリア伊達邵エリアの二つになります。日月潭の湖を北を上にして見たときに、10〜11時方向にあるのが水社エリア、4〜5時方向にあるのが伊達邵エリアです。

 

 

水社エリアは日月潭観光の入り口で、台湾好行バスで来た場合、水社ビジターセンター前に停車します。水社地区のホテルに泊まる場合、そこから徒歩または遊湖バスに乗り換えるか、各ホテルの用意した送迎やタクシーを利用することになります。

 

伊達邵エリアに向かう場合も遊湖バスに乗り換えるか、各ホテルの用意した送迎やタクシーを利用することになりますその他に、遊覧船で湖面を移動することも可能です。

伊達邵の方が日月潭らしいお店が集中していて、ロープウェイや水面の景色を楽しむのにも徒歩で動きやすいです。水社にはレンタサイクル屋さんもあるので、自転車で大きく移動したり、ホテルから台湾好行バスへのアクセスを重視するなら水社エリアがオススメです。

 

日月潭のホテルは相場が高いため、今回は車移動なのでちょっと離れた地域のホテルも検討しましたが、前回湖に面したホテルに泊まってとても気分がよかったので、今回も同じように湖面ビューの部屋を探しました。

湖が見えないホテル・部屋だと価格が下がるので、一日中湖を見なくてもいいと思えばそのようなホテルもオススメです。

 

今回比較検討したホテル

今回、両親がずっと行きたいと言っていた日月潭に泊まるにあたり、思い切ってあの有名なラルーにでも泊まってみようか?と検索してみましたが、二ヶ月前の時点ではとっくに売り切れていました。

 

日月潭大飯店とほぼ同じ条件でもう一軒検討していたホテルがあります。ザ リッチフォレスト ホテル- サン ムーン レイク (日月潭儷山林會館) (The Richforest Hotel- Sun Moon Lake)です。

伊達邵エリアのホテルで土地勘があったのと、ログハウス風の木の香りが漂う内装、子供が歩いても安心なカーペット床、何と言っても湖面にせり出したような設計(湖面に完全に面しているホテルはあまり多くありません)で最後の最後までどっちにしようか悩みました。無料駐車場も近くにあって、価格もほぼ同じ。リゾート感たっぷりで、ディナーも美味しそう。

 

最終的に今回は車移動なので日月潭大飯店の立地のイマイチさを気にしなくていいことと、こちらは防音設備がないとのことで日月潭大飯店を選びました。

 

泊まらなかったけど気になったので、日月潭儷山林會館の建物を見に行きました。やっぱりこっちもいいな〜。左側に見えるUFOのような建物はロープウェイ乗り場です。ロープウェイ乗り場までの散策道も素敵なんです。

f:id:dageho:20170716140015j:plain

 

伊達邵の方が南東方面に位置しているため、夕方は湖面に夕陽の色が映えてとても綺麗に見えます。よって、部屋から夕焼けの景色を楽しみたいなら伊達邵エリアの方がよいと思います。天気次第ではありますが。 

f:id:dageho:20170716040713j:plain

 

総評

今回泊まった日月潭大飯店は四つ星ホテルなのでホテル内設備やレストランも充実していましたが、何と言っても今回選んだ「スイート キングベッド 1 台 レイクビュー」の室内設備がとてもよかったです。

 

特に日式ベッド、フローリング床、クッションフロアは同価格帯ホテルでは見つけられなかったので、それだけでもかなり高得点でした。地理や風景的には伊達邵の方が好きなのですが、安全な設備で不安がないことで親もリラックスできるので、今回はこちらに泊まれて大満足です。

繁華街から離れているので、とても静かなところもリゾートっぽさを感じられてよかった。

 

まだうまく歩けない、あるいはベッドからの転落が心配なお子様と一緒の旅でしたら、このタイプの部屋は本当にオススメです。

 

↓旅行記の続きはこちら

www.2000twd.com