台湾2000元

訳あって台湾で予算2000元以内のホテル探しと旅の備忘録、細かすぎて伝わらない現地生活ネタ。

【反省会】3世代で5日間の台湾国内旅行(日月潭〜台南〜台中)

あとで読む

[AD]海外旅行に最適なおすすめクレジットカード13選!

だーげーほーです。

日本から来た両親と一緒に、5日間の台湾国内旅行に出かけていました。

書きたいことは山ほどあるのですが、ひとまず先に恒例の反省会的なものを書こうと思います。

 

こんな素敵な景色を見た3時間後に大雨に降られるとは予想しませんでした……。

f:id:dageho:20170616143116j:plain

 

初めての3世代旅行、大雨の中での長距離ドライブ 

子連れ旅行は何度かしていますが、大抵私たち夫婦と赤ちゃん一人で大都市に泊まって、あまり観光などはせず、バスやMRT+徒歩で買い物や食事に出る感じでした。

 

今回の旅行では私の両親+私たち夫婦+1歳間近の赤ちゃんという3世代2カ国5人構成、両親の空港送迎台湾新幹線タクシーレンタカー移動という今までとかなり違うパターンだったため、色々と学ぶところが大きかったです。

 

特に、生活パターンや食生活の違うもの同士に配慮して予定を調整通訳や諸々の事前手配に加えて、知らない土地で車を運転する夫のために、想定外に中国語でナビゲーションのアシスタントをすることになったのが大変でした。でもなんとなくコツがつかめたので、また違う土地でもドライブに行きたいです。子連れだと特に、行きづらかったり面倒だったりする場所にも行けましたし。

 

食に関しては一軒以外ノープランでしたが、宿の人に教えてもらったお店が大当たりだったり、大人数だからこそ食べられる美味しいものにも巡り会えました。

f:id:dageho:20170616143207j:plain

 

子供が急に成長したため、旅行の計画を立てていた段階では想定していなかった問題もあったりしましたが、特に大きな問題はなく無事に帰ってこられてよかったです。

 

今回は夫がレンタカーを運転してくれたのですが、山の中の高速道路を走っている最中にものすごい豪雨に降られてかなり怖い思いをしました。

雨で前方が全然見えない中で、仰向けにひっくり返ってる車も見ましたし……。

 

私たち家族の世話も忙しい中、たまにかかってくる仕事の電話に追い立てられながらも、長時間文句ひとつ言わずに運転してくれた夫に大感謝です。

 

移動時間が長すぎたのは反省点

今回の旅でどこに行くかを決めた時に、5日間もあるので、両親の行きたがっていた日月潭と私の好きな台南を組み合わせることにしましたが、グーグルマップで調べた車での移動時間が、長い距離で2時間半くらいでした。

 

それくらいなら大丈夫でしょ、台南まで行くならついでに高雄も行ってみる?と軽口を叩いていた夫ですが、実際に運転してみたら行程が遅れる遅れる。

1時間半で行けるはずの場所が2時間半、2時間半で行けるはずの場所が3時間半以上に。行けたら行こうと思っていたところはかなりはしょりました

 

天候の影響もありますが、ルートとして組み合わせるには台南はちょっと遠かったかなと思います。大人のバスツアーなら問題ないと思うのですけどね。

 

時間がかかった一番の原因は天候が悪くて車のスピードを出せなかったことだと思いますが、

  • 移動距離は極力短くする
  • 山道はなるべく避けるルートを選ぶ
  • 休憩の取れるところを事前に調べておく

などは次回に意識したいと思います。

 

車移動に向いている場所とそうでない場所

 

f:id:dageho:20170616143143j:plain

 

日月潭と台南の郊外にある玉井は車で行って堪能しましたが、台南と台中はあまり観光名所っぽいところは見る時間なかったです。

 

事前に思っていた通り、台南の街中は車移動より歩きとバス・タクシーの組み合わせの方が便利ですね。台南に限らず街中はどこもそうだと思いますが、台南市内は特に見所が密集しているので。ただ、台北に比べると道は狭いものの、駐車場所は見つけやすいなと思いました。

 

台中は最初から泊まるだけの予定だったのですが、両親は初めて来たので、できればもうちょっと有名どころを見せてあげたかったな〜。天候のせいもありますが、有名スポットへの片道10分の移動もあとの予定に響きそうだったので諦めました。

 

元々子供連れ旅行は予定の1/3もこなせたら上出来と思っているのですが、車での移動時間をなるべく少なくして、一箇所での滞在時間を増やす方向で考えた方がいいな、と思いました。

 

子連れ旅行の持ち物リスト改変 

持ち物に関しては、前に書いたこちらの内容でほぼOKでした。

大きすぎるかな〜と思っていたIKEAFRAKTAというバッグ、持って行ってよかったです。スーツケースをきちんとパッキングする時間がなかったので、衣服や日本から持ってきてもらった大量の離乳食など、とりあえずポイポイ放り込んでそのまま帰宅しました。

 

www.2000twd.com

  

前回追加した「食器用洗剤とスポンジ」ですが、スポンジを忘れたので今回も手洗い+使い捨て歯ブラシで代用しました。ストローマグの細かいところは、完璧にはできませんが、ホテルにあった綿棒である程度掃除できました。

 

食器用洗剤は小さな容器に詰め替えて持って行きましたが、やはりあった方が子供用の食器洗いが断然楽でした。追加してよかった。

次回は小さく切ったスポンジも用意していきます。

 

次回からはもう持っていかないもの

一方、リストには書いていなかったのですが、低月齢期からの習慣で持ち歩いていたモスリンのスワドル(おくるみ)は前回も今回ももう出番がなかったので、次回からは持っていくのをやめます。

防寒具としても使っていましたが、急に寒くなったら親の服をかければいいし。

 

月齢的にもうおくるみとしては使っていなかったのですが、外出時に授乳ケープの代わりに使っていました。ですがもう授乳の回数もだいぶ減ったし、台湾は個室の授乳室があちこちにあるので最近は使っていませんでした。

 

家ではバスタオル代わりに使ったりしていますが、ホテルにいる間はバスタオルを親と共用したり、大抵のホテルはもう一枚追加で借りることもできるので要りませんね。

 

合成帆布で買ったスマホ用バッグがとても便利でした

今回、悠遊卡を入れられるパスケースは持って行きませんでしたが、代わりにiPhoneを入れられるシンプルな斜めがけのケースを台南合成帆布で購入しました。

確か紺色、えんじ色、橙色、黒、ベージュの5色があったと思います。200元でした。

 

裏側にポケットがひとつあり、悠遊卡も入れられ、斜めがけなので抱っこ紐で子供を抱っこしていても子供に触られない場所におさまるので、これからも活躍しそうです。

f:id:dageho:20170618021839j:plain

 

他にもバッグを買ったので、あとで追加の記事を書きます。

それではまた後ほど。