台湾2000元

台湾在住の主婦が書く、台湾生活・台湾旅行・子連れ旅行記・台湾育児情報のブログ。

【個人手配】台湾のホテル、予約のベストタイミングはいつ?

あとで読む

台湾旅行の予定が決まったら、早めにいいホテルを押さえたいのはやまやまですが、台湾のホテル予約ではそれがあだとなる場合があります。台湾のホテルを早めに予約しようとして実際に起こったエピソードをご紹介します。

 

 

台湾のホテル予約はあまり早すぎてはいけない

台湾のホテルは大体2ヶ月前からの予約がベストです。半年以上前から予約するのは人気ホテルや大型連休といった予約の取りづらい時期、大晦日の台北101カウントダウン花火見物などの特例のみです。

台湾の特に地方のホテルでは、早くても2ヶ月前くらいからでないと予約を受けつけていない場合すらあります。

以下は実際に私と私の友人の間で起こった出来事です。 

 

〜その1〜 予約確認の電話がかかってきた!

台中の某ビジネスホテルを3ヶ月前に予約したところ、ホテルから
「ずいぶん先の予約だけど本当に大丈夫?日付間違ってませんか?」
と確認の電話がかかってきたことがありました。

3ヶ月先の予約が心配されるってどういうこと??とその時は思いましたが、どうやら観光地でもなんでもない、競合ホテルも沢山ある場所での3ヶ月前の予約は、そのホテルからしてみると早すぎておかしいと思われたようです。

〜その2〜 早期予約なら安く泊まれると思ったのに!

台北旅行が決まった友達から
「台北駅近くにある某ホテルが条件的に良さそうなんだけど、検索すると来月の料金は高くても一泊4000元なのに、半年後の料金は最低でも一泊7000元になってるんだよね。なんでだろう?」
と相談された事があります。

その時、前述のエピソードを思い出したので
「恐らく予約サイトで設定している料金は定価で、まだ早すぎて価格調整が追いついていないのでは?」
と説明して、予約するのはもう少し待つように言いました。

出発の二ヶ月前に改めて調べたら適正価格になっていたそうです。

〜その3〜 ゲストハウスがどこも売り切れ!

台南での長期滞在を計画中の友達から
「8ヶ月後の宿を検索すると全然出てこないし、気に入ったゲストハウスはどれも売り切れになっているんだけど、いま台南ってそんなに人気があるの?」
と聞かれた事がありました。

こちらも同じく、
「台湾だからそんな先の日程は設定してないんじゃないかな〜」
と説明したところ、実際そうだったようです。

 

台湾でのホテル予約特有の現象 

なんでこういうことが起きるのか考えてみましたが、これは私の推測ですが、台湾人の国民性や考え方の現れではないかと思っています。

台湾人はあまり先の事を考えない人が多く、予定変更は当たり前、相手の都合を考えない人も多いため、ホテルやレストランのドタキャンも多いと聞きます(もちろん計画的でドタキャンなどしない人もたくさんいます)。

我が家に関して言えば会社に振り回されることも多く、旅行の予定で事前に長期休暇を申請していたのに直前に大事な仕事を入れられるようなことが何度もあったので、個人の都合が理由とは限りません。

 

f:id:dageho:20170526181351j:plain

 

一方、日本人が海外旅行を何ヶ月も前から計画するのはごく一般的で、日本のホテルも1年近く先のホテルを予約し、ホテル側も客はキャンセルしないことが前提になっているので考え方はだいぶ違います。

日本人の個人手配旅行が一般的になったのは比較的最近のことです。台湾のホテルは台湾人客がメインなので、未だにあまり早くに予約解放していても意味がないと考えているのではないかと思います。
もしくはもっと他の事情があるのかもしれませんが、私はホテル業界の人間ではないのでわかりません。

 

しかしこのような傾向は台湾の旅行業界で一般的なのではないかと思う理由の一つに、日本人に言うとみんなびっくりされますが、台湾の国内線エアチケットは2ヶ月前から予約が解放されます。それ以上先の予約は基本的にできません。
そして乗客予約が少ないので欠航になったり、逆に乗客が多いので増便することも頻繁に行われます。

そんなわけで、狙っているホテルの半年後の空きがなかったとしても、慌てずに2ヶ月前にもう一度確認してみる事をお勧めします。