台湾2000元

訳あって台湾で予算2000元以内のホテル探しと旅の備忘録、細かすぎて伝わらない現地生活ネタ。

台湾子連れホテルの探し方 3(室内設備編)

あとで読む

[AD]海外旅行に最適なおすすめクレジットカード13選!

2000twd.hatenablog.com

前回の検索テクニック編に続き、子連れホテル探しで重要になる室内設備について書こうと思います。

f:id:dageho:20170526181502j:plain

 

子連れ向け室内設備のポイント

子供といっても乳幼児と小学生では条件が異なってきますが、ここでは両親+乳幼児1名の場合について書きます。

ベッドと床タイプ

日本のホテルだと小さな子供向けに畳で布団の部屋が好まれたりしますが、台湾には畳の部屋はあまりありません。

例外的に「日式」「Japanese style」と呼ばれる部屋タイプがあり、こちらはフローリングや畳に布団やマットレス直置きで、子供が動き回ったり布団からはみ出ても比較的安全です。

しかし日式の部屋は少ないので、台湾で宿泊する場合はほぼベッドの部屋になるでしょう。まだ歩けない私の子供は普段からベッドの上で生活しているとはいえ、落ちないように常に見張っていないといけないので大変です。ベビーベッドは一時的にベビーサークル代わりに使う程度です。

 

大抵の高級ホテルではベビーベッドが用意されていますが、2000元以下だとホテルによりけりなので、各ホテルの詳細説明で確認します。ベビーベッドで寝ない子供の場合は親と添い寝になりますが、ベビーガードは2000元以下のホテルではあまり期待できません。なるべく長辺が壁にくっついているレイアウトで、万が一ベッドから落ちた時のためにタイル床のホテルは避けた方がよいと思います。

壁と接していない場合は両親が子供を挟んで寝るので、なるべくラージサイズ以上のダブルベッドか、シングルベッド二つをくっつけられるレイアウトの部屋を選びます。後者はベッド幅は大きくなることが多いのでオススメです。これらはサイト上で確認できない場合はホテルに電話で問い合わせています。

またダブルベッド+シングルベッドの構成のトリプルルームだとどちらかのベッドは壁に接していることが多く、料金が大差なければ選択の余地があります。ただ、その場合壁にくっついているのはシングルベッドのレイアウトが多いような気がします……本来なら添い寝する方がダブルベッドで寝たいところですが。

ソファ

授乳が頻繁にある場合はソファつきの部屋だとさらに快適です。椅子は大抵の部屋にあると思いますが、狭かったり肘掛けがなかったり授乳向きではないですよね。添い乳がメインの場合はベッドで十分です。

バスルーム

台湾のホテルは基本的にユニットバスで、お風呂に洗い場がなく、シャワーのみまたはバスタブにシャワーが付いているタイプ、高級ホテルだとシャワーブースとバスタブが分かれているところが多いようです。

ベビーベッドを置いているところはベビーバスがある率も高いような気がします。

シャワーのみで事足りる人もいると思いますが、低月齢ではベビーバスかバスタブが必須かと思います。また、一度シャワーしかないホテルでベビーバスを借りたことがありますが、狭くて洗いづらかったので、できればそれなりの広さがあるところがよいでしょう。台湾の安宿にありがちな、トイレにシャワーが付いたようなバスルームは絶対オススメできません。

子連れだと天気によって出かける時の装備が異なるため、台湾のホテルによくある窓のない部屋は、外の天気を確認できないので避けています。

防音

子供の声や足音は響くので、他の宿泊客に迷惑がかからないように「防音」と書いてあるホテルを選びます。また、レビューで「隣の声がまる聞こえ」と書いてあるようなホテルは避けます。

電気ケトル・湯沸しポット

大人と同じ物が食べられる前は離乳食必須ですが、私は旅先ではお湯で作れるフリーズドライタイプの物を使用しています。

 

 

台湾のホテルには電気ケトル・湯沸しポットは大抵ありますが、熱水機と言われるウォーターサーバーを置いているところもあります。こちらの和光堂のフリーズドライタイプのお粥だと、100度に近い熱湯でないとうまく作れないことがあるらしいので注意です。

ちなみに台湾は水道水は飲めませんので、どんなホテルにもボトルの水(ミネラルウォーターまたは純水)かウォーターサーバーが置いてあります。

レトルトタイプの離乳食は持ち運ぶのに重いのと、少食の我が子にはまだ量が多いので、今後食べる量が増えた時に再検討したいと思います。

台湾旅行の際の離乳食問題についてはいずれまたどこかで書く予定です。

 

その他のホテル設備

洗濯機

乳幼児は特に想定外に服を汚すことが多いので、4泊以上する場合は洗濯機のある宿が便利です。3泊までなら着替えを多めに持って行って、必要があれば手洗いで間に合いますが、4泊以上だとまとめて洗濯機で洗濯する方が楽だし、荷物を減らせます。

ただ洗濯機での洗濯だと終わるまで離れられないということもあり、予定が多い場合などは荷物が増えても家に持ち帰って洗った方が時間を有効に使えると思います。

大人だけの旅行だと毎日手洗いしたこともあったのですが、ただでさえ突然のアクシデントが起こりやすい子連れ旅では、洗濯して間に合わせようと無理に荷物を減らすことはせず、時間があれば洗っておこう、くらいの考えの方が気楽でいいかなと思いました。

 

洗濯機がある場合は大抵予約サイトに「ランドリー」と書いてあります。有料の場合、洗濯機・乾燥機共に一回30〜50元程度です。

ベビー服は意外と乾燥機非対応のものが多く、湿度が高く洗濯物の乾きにくい台湾では室内干しだと帰るまでに乾かない可能性があるため、洗濯はチェックアウトの前々日までにしておきます。

エレベーター

最近台湾で増えている、古い建物をリノベーションしたおしゃれな宿は、エレベーターがない事が多いので注意です。子供を抱っこしてスーツケースを持って、狭い階段を上り下りするなんて想像するだけでも大変です。エレベーターの有無はホテル予約サイトで確認できます。

ベビーカー貸し出し

ベビーカーを貸し出ししているホテルがありますが、台湾は歩道の状態が悪いところが多いので、使いやすいかどうかは不明です。もちろんベビーカーを使っている地元民はたくさんいますが、旅行者にとって使いやすいかどうかは……?

私はベビーカーを持っていませんが、普段は抱っこ紐移動で大型商業施設などではベビーカーを借りることが多いです。

 

気になる点はホテルに問い合わせ

長くなりましたが、以上のチェックポイントをサイト上で確認後、不明点は念のため毎回ホテルに電話で問い合わせています。日本からならメール問い合わせでもよいと思います。中国語ができない場合でも各種翻訳サイトがありますし、先方も慣れているので英語や日本語の問い合わせでもなんとか対応してくれると思います。

少々面倒ですが、心配性の私としては、リーズナブルな宿に泊まる上では必要な手間だと思っています。

 

こちらも合わせてご覧ください!

2000twd.hatenablog.com