台湾2000元

訳あって台湾で予算2000元以内のホテル探しと旅の備忘録、細かすぎて伝わらない現地生活ネタ。

【格安ホテル】台湾で一人一泊1000元以下の宿ってどうなの?

あとで読む

前回の記事では二人で泊まる場合の話を書きましたが、今度は一人で泊まる場合について。

ここ5年くらいで台湾には安くて清潔でおしゃれな宿が増えたな〜と思います。

日本国内でも同様ですが、私がよく行く関西エリアでは、台北より安い宿も多くて驚きます。

 

f:id:dageho:20170526181453j:plain

 

価格×コスパのホテル選び

2000元以下のホテルをテーマとした当ブログですが、実は台湾の平均的収入のサラリーマン夫を持つ主婦としては、二人で2000元の部屋は格安というほどでもないな、と思うのです。

格安と思える価格帯は人それぞれだと思いますが、私たち夫婦が考えるのは大体1000〜1700元くらい。一人の時は600元前後のドミトリーなど、1000元以下の宿に泊まることが多かったです。

 

探せばもっと安い宿はありますが、やはりある程度の快適性は保ちたいので、価格そのものが絶対ではなく、コストパフォーマンスを重視したいところです。

 

昔は格安ホテルなんてとんでもない!と思っていました

私は20代の頃はそんなに頻繁に旅行に行く方ではなかったので、めったにない機会だし、自分の家よりちょっといい部屋に泊まりたいよね!それに安全第一!あんまり安いところはなんだか怖い!と思って、国内でも大体1万円前後の部屋に泊まることが多かったです。

 

30代になって会社を辞めて個人手配で台湾と日本を行き来するようになると、LCCの普及もあって少ない予算でも旅行プランが立てられるようになりました。飛行機代を抑えた分ホテルにお金をかけるという考え方もありますが、旅慣れてくると、結局ホテルって寝るだけなんだよね〜、と思い。だったらその分飛行機に乗る回数を増やしたい、という考えになり、コストダウンの結果、一泊数百元の宿に泊まり始めました。

 

昔は年を取るにつれてどんどん贅沢になっていくんだろうなと思っていたのですが、万人がそうとも限らないのですね。

 

快適でお手頃価格の宿を求めて

台湾は比較的治安の良い国とはいえ、女一人旅では安全第一、衛生面で不安があるところもパス、という感じでホテル予約サイトのレビュー等を参考に色々泊まり歩きました。

正直失敗したなあと思う宿もありましたが、だんだん自分なりのこだわりポイントがわかってくると、それを満たした宿を見つけた時はものすごく得した気分になったものです。

 

今は子供が生まれたので私の気ままな一人旅はしばらくお預けですが、夫に代わってホテルを探すことも多いので、一人用のホテルについても新しい情報を書けたら……と思っています。